-

CHAUMET

1780年、王妃マリー アントワネットの宝石商のもとで修業を終えた
マリー エティエンヌ ニトーがパリのバンドーム広場に
自分のお店を構えたのが始まりだそうな。
…いったい何のお話かと申しますと
この度CHAUMETのVIPへ向けてのおもてなしに、僭越ながら私が選出される事となった。
皇帝ナポレオンの戴冠式の宝冠はじめ、国内外に数多くの王室御用達とされる
名門ジュエリーブランドである。

CHAUMET

大変高価な物ばかりを扱っている為、魔法で宝石を出現させるにせよ
非常にデリケートな技術と表現方法を求められる。
数人の大切なお客様の為だけに披露する特別なマジックショー
責任が重い分とても緊張する。

しかし、ショーが終わって別室から様子を伺ってみると
お客様の朗らかな笑顔が見えたり、嬉しい感想が聞こえてくるとホッと一息。
やはり素敵なお客様には救われる。
今回は張り切って、タキシードを新調したのだけれど
なんだか、まだまだ着こなせていないので写真は看板のみ。

さて、4月はゆったりと時間が使えるので
浅草の古武道演武会に向けて柔術の稽古に専念しようかと思います。
こちらでは、マジックをする事はございませんが
日本武道の原点となる主要流派が全国から参加致します。
もし興味が御座いましたら、お越し頂ければ大変嬉しい事でございます。

あとは…私がとても楽しみにしている催し。
友人のマジシャン秋元正さんが手作りのケーキを作ってくれる約束
やはりお菓子がさらりと作れる男性は何だかとてもカッコイイ。

特製のチーズケーキは
我が家の家族も待ち遠しくしているのでございます。
-

白石和紙工房

白石城で開催された東日本大震災チャリティーコンサートから7カ月が過ぎました。
昔から一人でも立ち寄る事が多かったのですが
近頃はスケジュールの合間をみては、さらに白石の町を探索しておりました。

…そうそう、チャリティーコンサートとは
震災復興の為に昨年6月に白石青年会議所の皆様が主体となり企画された公演で
白石市観光大使を務める山崎バニラさんをはじめ
宮城県に所縁のある、坂本サトルさん、熊谷育美さん等が参加されました。
そこで私は企画から運営に関わるスタッフの頑張る姿を見て
公演に向けた思いを感じる事が出来たのです。

主催している白石の町でも震災の被害はありました。
お城の天守閣と大手門は、漆喰の壁がはがれ落ちヒビが入っている。
復元されたのが近年なので文化財には指定されておらず
都市公園法に基づく施設や文教施設にも該当しない様で
要するに修復する為に白石市の負担が大きくなるという事…

そんな状況にも関わらず、さらに被害の大きかった地域を応援する心に感激したのです。
そして復興途中の状況下に私を呼んで頂いた御恩を返さなければと思ったのです。

私にいったい何が出来るのだろうか?
その日から試行錯誤が始まりました。
親身になって話を聞いて下さったのが白石和紙工房の遠藤さんのおばあちゃん
それからというもの、工房を訪ねる度に昔話を聞かせてくれるので
お茶を飲みながら、ついつい長居をしてしまうのです。
戦争中にご自身がマジシャンのアシスタントとして中国へ渡った話には驚かされました。
そんな中から新たな演目やストーリーが生まれて来た訳でございます。

2012年2月1日〜2月9日まで浅草の「東洋館」に出演させて頂きます。
12時〜16時30分(出番13時55分〜14時10分)
毎日、白石を題材とした奇術をご披露致します。

勿論、遠藤さんに作って頂いた特製の白石和紙を使った演目です。
これからの長い年月、私の舞台では白石という言葉を使い続けるのでしょうね
小さなお返しですが私なりに出来る恩返し
1人でも多くのお客様が白石の町にお越し頂けたら嬉しいのでございます。

白石和紙工房

私は、来月も白石温麺を食べに出かけて来ます。
白石よござりす。
-

新年のご挨拶

昨年は震災という大きな壁が立ちはだかり
深い悲しみを感じた年でもありました。
犠牲になられたご家族の皆様には謹んでご冥福をお祈り申し上げます。
今年も私共ならではの支援方法を模索し、応援活動を続けていく覚悟でございます。

さて、私共はお蔭様をもちまして新春公演を無事に終える事が出来ました。
仙台公演ではテレビCMを放送して頂いたお蔭で
沢山のお客様に新作をご披露する事が出来ました。
全ては応援して下さる皆様のお力があっての事、
新年早々ご来場頂きましたお客様、誠ありがとうございました。

お正月

こちらの写真、SAEさんの隣に写っている薄笑いの人物…
実は先日行われた名古屋公演では愛知万博に出演していた頃の仲間
テルミンにも参加して頂き会場を盛り上げて頂きました。

当時まだ10代だった彼も、見違える程のパフォーマーになっておりました。
それは舞台上での動きを見ただけで感じる事が出来ました。
きっと素晴らしい先生に出会い、様々な経験を積む事が出来たのでしょう。
これからもFEELの舞台に参加する機会が増えると思いますので皆様お楽しみに!
それでは今年もどうぞ宜しくお願い申し上げます。
-

中京テレビ「PS特番」

12月29日(水)放送予定の、中京テレビ「PS特番」にてMAGIC THEATERが紹介されます。
プリマベーラとFEELによるショーパフォーマンスも若干ですが放送される予定でございます。
そして名古屋BOYS AND MEN小林豊さんの素敵な料理にも乞うご期待!

視聴者の皆様には素敵なプレゼントもご用意しておりますので
是非ご覧になって頂けたら嬉しいです。
中京テレビ『PS特番』 放送時間15:50〜17:15

中京テレビ PS

さて私達の舞台も、年内は残すところ明日の名古屋公演のみ。
ちょうど放送中のライブになります。
レポートはまた後日、お送り致します!
-

グランパパサンタ

今回は、東松島矢本を訪ねる事となりました。
この地域も震災の被害が大きかった所で、まだまだ復興には時間がかかります。
現在も尚、様々な支援団体が協力し合って町の再生を図ろうと頑張っているのです。

この度の復興応援はマジックショーだけではございません
何とサンタクロースが100人も現れてビンゴをするという
町ぐるみでのイベントでございます。
そして津川雅彦さんも自らがサンタクロースとなり
玩具をプレゼントするという夢のある企画。

私の津川雅彦さんのイメージは小学生の頃に観た年末時代劇スペシャルの奇兵隊
ブラウン管に映っている周布正之助の演技がとても記憶に残っており
子供ながらに、すごい役者さんだと感じた事を今でもはっきりと覚えております。
その様なお方が積極的に東北地方への支援活動を実施されている事を知り
ますます、そのお人柄や雰囲気にひかれてしまいました。

「グランパパ」の玩具はセンスの良い物ばかりで子供達も家族からも
笑顔がこぼれ、会場中とても楽しい雰囲気に包まれておりました。

津川雅彦&FEEL

公演の後は阿部市長からもお声かけ頂き、お話する機会を得ました。
エンターテイメントが創り出す経済的な効果や
子供の心への働きをとても御理解して下さっている見識のあるお方。
我々演者としては非常に嬉しい気持ちであります。

実は、芸能に対する認識は地域の指導者や担当者によって非常に異なるのです。
一方的な支援では継続的に運動を行う事が困難な事。
お金だけでは私達の気持ちも動きません
1杯のスープと温かい言葉が何よりの報酬なのです。

今回の応援公演は南三陸の歌津地区、仙台市若林区の六郷地区も訪ねました。
どの会場でも楽しんで頂けた様子で、とてもやりがいのある活動だと思っております。

この応援公演は私だけでは実施する事は出来ません。
全ては支えてくれるスタッフの力があって成りたっております。
プラスネオ中村健司さん、カルチャーブリッジカフェ香野朋広さん
毎回ボランティアとして参加して下さる永沼圭一郎さん、キャスターの伊勢みずほさん
そして、仙台市若林区から地域の活性化に取り組まれている渡辺勝幸さん
様々な個人活動から発展して、ご縁や支援の絆に変わっていきます。

全ては東北復興への気持ちが一致しているからなのでしょう。
私達はまだまだ応援します!共に頑張りましょう!