-

ディナーショーのお礼とか糧になった事とか

昨年は東日本大震災の為に中止になってしまった
仙台ロイヤルパークホテルでのディナーショーがこの夏に開催されました。
久しぶりにお会いした素敵なスタッフの皆様も変わらず
私達にとっても地元で楽しい夏の思い出を作る事が出来ました。
そして今回は1000名以上ものお客様にご来場頂き本当にありがとうございました。
抽選会もプレゼンターを務めさせて頂きましたが
お客様の中には2年前も御当選という強運の持ち主もいらっしゃいましたね。
これからは少しづつでも地域復興に向けて進んで頂きたいと願っております。
当日の事はロイヤルパークホテル公式サイトにも掲載されておりますので御覧下さい。
またのご来場を心からお待ち申し上げております!

イベントレポート/仙台ロイヤルパークホテル

仙台ロイヤルパークホテル


近頃は新しい経験をさせて頂く機会に恵まれました。
ショーの途中でスピーチを実施する事になったのです。

現在、日本各地から震災被害のあった地方を盛り上げようと
懇親会を東北で開催する等、多くの企業が応援をして下さっています。
そんな中、私も微力ながら避難所で子供達にマジックショーをしてみたり
敬老施設で話を聞かせて頂いたり、個人的な活動をしておりました。
人づてに伝わったのか、ネット検索で記事を見つけて頂けたのか
きっと、そんな理由かと思われます。

しかし…私は立派な育ちをして来た訳ではありません。
福祉に関する専門知識を習得した訳でもない
音楽をやってみたり、お芝居をやってみたり
どちらかと言えば、自由奔放な生活を送っいた人間です。
企業を管理している方々を前にして図々しくスピーチが出来る程
人生経験を積んでいる訳でもありません。
一生懸命考えて出した答えは、私が話せる題材は慰問や応援活動により
実際に体験した事をそのまま伝える事でした。

震災の時に地元友人達の周りで起こった、ニュースでも報道されなかった出来事。
そして、親を亡くしてしまい自分の行動を制御出来なくなった子供達の心。
この件に関しては、マジックを見て不思議な体験をする事により
強い興奮状態となってしまい一部の子供が暴れ出してしまうのです。
勿論、楽しんでいる延長線上での出来事ではあるものの連鎖反応が起こり
マジックショーを中断しなければならない場面が何度かありました。
被災した子供達を可愛そうと思う優しい気持ちから、
周囲の大人達は厳しい指導が出来なくなっていた事も原因かも知れません。
震災直後とはいえ、舞台の中で子供達を制御出来なかった事は
今でも忘れられない出来事です。

もし、自分の幼少期に家族と一生会えなくなってしまったら
どんな気持ちなのだろうか、当時はそんな事ばかり考えてしまった。
私は心の専門家でも何でもない、結局はその場だけの事かも知れないが
マジックというスキルを使って子供達を楽しませる事が出来ると信じている。
仮に私の息子がそういった状況に陥ってしまったら、
親である私の願いは、毎日元気に笑っていてほしい。
そんな思いから実施していたのだ。

この応援活動を継続するきっかけとなったのは
仙台市の荒浜地区に設置された避難所での出来ごと。
公演を終えて帰り支度をしていると、おじさんが私の元へサインペンを持って来た。
差し出された帽子に、何げなくサインを書き終えてから聞いた言葉は
「おじさんの財産、これだけになってしまったよ。」と言いながら帽子を撫でている
しかし、落ち込んだ様子ではなく
ただ自分の現状を私に教えてくれているのだと理解出来ました。
財産か…私も家庭を持ち、子供を育てるまでは考えた事すらなかった。

財産というものは家族を守る為の分り易い武器でもある
ましてやおじさんは家族とも、会えなくなってしまっていたかもしれない。
とても重く受け取れた言葉だった。
そして続けて聞いた言葉は
「何もお礼が出来ないけど、復活したら今度は、おじさん達が君を応援するから。」

たった1つだけ残った自分の持ち物
その大切な帽子に名前を書いてもらったのは、
私の名前を忘れない為に、という気持ちからだった。
そういう事が嬉しかった。
人と人は、つながっているのだと実感した場面でもあった。
私の心の中で帽子に書いたサインは、
またいつか、おじさんや子供達を喜ばせたいという契約書になっていた。

今回、講演する機会を頂き当時の事を考える事によって、
自らの気持ちを再確認する事が出来ました。
あの壮絶な日から1年半しか経っていないなんて、まだ信じられない。
だから、これからも自分に出来る範囲で応援しようと思う。


以前、被災地で関わった団体の中でスコップ団という組織がありました。
ただ黙々と建物に流れ込んできた瓦礫を撤去して綺麗にしていく事の繰り返し。
いったいどれだけの人々が救われただろうか
彼らが言っていた言葉は「人助けに理由はいらねぇ。」
まさにその通りである。

仮設住宅応援公演
応援公演や、福祉の公演は私が勝手にやっている事
文におこしているのも、まだまだ応援している事を伝えたいだけで
今後もビジネスにする気持ちは、さらさら無い。

「人助けに理由はいらねぇ。」何度唱えてもいい言葉だ。
 

-

ミュージカルの近況報告

マジックのコーディネーターとして関わらせて頂いたミュージカル
「テニスの王子様 青学vs立海」は全国ツアーも終えて
現在は東京凱旋公演が開催中でございます。
この作品は役者の皆様がイケメン揃いという話題の人気作品
累計140万人のお客様を動員しておりました。

テニスの王子様「青学vs立海」

私も度々リハーサルを拝見しておりましたが
キャストと裏方スタッフ、そして要となる音響さんと照明さんが
本気で稽古に打ち込んでおりました。
きっとその結果が長期間に渡りファンの心をつかんでいる事に
反映されているのだと感じます。
是非本番の照明の切り替えなどをご覧になって頂きたいのですが…
残念ながらチケットは全て完売の様です。
たまにテニミュファンのレポートを覗いていると
仁王役(久保田秀敏さん)のマジックシーンの演出も
日替わりで何のマジックをしたかがわかるくらい詳しく書いて下さっている。
応援して下さってありがたいですね。
役者の皆様には最終日まで、怪我無く頑張って頂きたいです

千秋楽では全国の映画館でライブビューイングが開催されますので
是非、お近くの会場でご覧頂けたら嬉しいです!

-

東海の名園

ビルが立ち並ぶ繁華街の一角に、突如日本式の門構えが姿を現す。
建物に入ると「萬事莫如花下酔百年渾似夢中狂」と書かれた額が掲げてあり
さらにロビーへ進むと「薫風閣」と書かれた文字が出迎えてくれる。
こちらは明治33年に伊藤博文が逗留した際に書かれたそうな

中庭を覗くと弓状にそった木製の反橋が掛けられていて
まさに古写真で見たままの庭園が広がっているのだ。
興味津々の質問に、御丁寧に解説して下さるのはスタッフの山田さん。

 浮月楼(古写真)

この場所は徳川慶喜公が大政奉還後、20年間に渡りお住まいになられた 静岡の浮月楼
建物は幾度かの火災の為、再建されているのですが
庭園は当時のまま時代の面影を残している様子。
そして現在は、料亭へと姿を変えて人々をお持て成ししているので御座います。

入口で出迎えてくれた書も慶喜公直筆の物で
「何事も花の下で酔うにこしたことはない、人生は夢の中に狂うのと似たようなもの」
と語っているそうです。
本人の言葉なのかは、わかりませんが
過去の大きな責任を果たした慶喜公が駿府の地で、
落ち着いた暮らしをされていたのだろうかと、書から勝手な想像が膨らんで参ります。

敷地内には小さな歴史資料室も併設されておりました。
趣味で撮影をされていた写真本が展示されており
その中には、なんと飯盛山の白虎隊碑を訪ねた時の写真も含まれていた。
後年 会津を訪問していたとは驚きでございます。
土地の人々や隊士の気持ちを考えると途轍もない事であり、切なさを感じてしまいましたが
時を経て慶喜公自らが弔いの為に訪れたのでしょうか。

…そんな事を考えながら庭園を散歩していると
本番前の気持ちの高ぶりとは別な感覚である事に気が付きました。
明治の頃と同じ景観を感じる事が出来て
古写真で見た、同じ水辺に立てている事に興奮しているのか
今回も責任重大なお客様方では御座いましたが
いつもよりは緊張感が緩和されていた様でございます。

浮月楼

仕事とはいえ好みの場所を訪ねる事が出来まして、とても嬉しい旅路
浮月楼 プライベートでも、また訪れたいな

さて、今週末からは仙台ロイヤルパークホテルでもディナーショーが開催されます。
一般公開の情報は定期的にホームページにて掲載しておりますので
是非ご来場賜りますようお願い申し上げます。
-

Anniversary

若干日が経ってしまいましたが
愛知県では初のお披露目となる FEEL THE FUNNY LIVE
ご来場頂きましたお客様、誠にありがとうございました。

愛知万博の頃からお世話になっている
気心の知れた製作進行チームのお陰で、私共も楽しく過ごす事が出来ました。
町田さん、油谷さん7年経っても縁の下で支えて下さってありがとうございます。
いつになっても仲間とは居心地の良いものでございます。

TAKUYA

さて、近頃は記念式典にお招き頂く機会がとても多くなりました。
企業様の大切な節目に参加させて頂ける事とても嬉しく思っております。
そんな中、東京丸の内に構える老舗のホテル
東京會舘も今年で創業90周年を向かえる事となりました。

そこで、90thアニバーサリー企画としまして
披露宴にお越し下さったお客様に
マジックでお持て成しするプランをご用意する事となりました。
実は…私自身もパフォーマーや芸人の皆様にご協力頂き
思い出に残る披露宴をさせて頂いた経験がございます。
祝福の言葉のお返しに大切なゲストの方々には
美味しいお料理と心からのお持て成しで、心底楽しんで頂きたいものでございます。

今度は、私が皆様の御傍で
大切な披露宴のお手伝いをさせて頂きます。

創業当初より継承される王道のフランス料理
そして皇居の杜を臨む贅沢な演出
モダンでクラシックなウエディングショーで
一味違うプランを立ててみてはいかがでしょうか?


詳しい内容は直接、東京會舘へお問い合わせ下さいませ。
旧東京會舘
旧東京會舘、写真左側の建物(大正9年〜昭和46年)

世界に誇れる社交場として建てられた建造物
建て替え後も優雅で華やかな時代の雰囲気を、そのままに残す素敵な空間でございます。
-

友人のウエディングケーキ

いったい、どれくらいのお城を巡ったでしょうか…
私達は長い休みに入ると趣味に没頭、各地の城跡等を巡っておりました。
旅行といった優雅な旅路ではございません。
野宿をしながら目当ての城跡を目指して、温泉地を見つけては小銭を払って湯に浸かる。
そして、土地の方々に美味しい名物料理や地酒を聞いては食を楽しむといったもので
旅費もそれ程に必要とせず
貯めたアルバイト代で、それなりに見聞する事が出来ていたのです。

しかし…今思えば責任が無かったり
よほど時間にゆとりが無ければ出来ない事であって
お金を使わず、実は非常に贅沢な旅を経験していたのだと
学生時代の素敵な思い出となっております。

城跡と申しましても、僅かに土塁だけが名残を伝えているだけであったり
中には雑草に覆われているだけで、何もない場所も多々あり
そんな地域でも資料を読み返し、ほんの少しでも歴史を感じる事が出来ると
何とも言えない嬉しさが、込み上げたものでございます。

先日は、中学からの同級生でもあり
共にお城巡りをしていた友人の結婚披露宴に参加して参りました。
ウエディングケーキをみると、何とお城のデザイン
まだまだ情熱は醒めていない様子
今度は家族同士で史跡巡りができたら嬉しいね。
お二人とも照れながらも素敵な笑顔、心からおめでとう!

Takafumi & Yumi

4月28日(土)は仙台に於きまして東日本大震災チャリティー公演を行います。
会場「ヒルサイドショップス&アウトレット」
〒989-3123 宮城県仙台市青葉区錦ケ丘1-3-1
1st  13:00〜13:30  / 2nd  15:30〜16:00

沿岸部への応援をどうか宜しくお願い申し上げます。
皆様のご来場を心よりお待ち申し上げております。