-

鉱石ラジオ

ジー…ツーツー
「本日の…人数は…であり…」
周波数と針の角度を合わせるコツがわかってくると
はっきりとした音声が聞こえてきた
電池やコンセントも使用していないのに どうしてなんだろう?
タネも仕掛けも知らないままマジックを見ていた頃の感激を思い出しました。
息子と作っていた鉱石ラジオは、電波受信に成功したもようである。

鉱石ラジオ

落ち着いて考える事なども無かったけれど
船を降りていても年中 旅をしていたこの数年間
きっかけが無ければ息子と木登りをしてみたり工作をしてみたり
「一緒に」という大切な時間にも気が付けなかったかも知れない。

飛鳥兇1月から大改装の為にシンガポールに出航していたので
新型コロナウイルスの猛威をかわす事が出来た事は幸いでした。
しかし早い段階から日本籍の客船は運航を中止して
感染の抑止に努めていた事は素晴らしい対応だったと感じます。
残念ながら私の舞台も全てお休みになってしまいましたが
お客様の安全が何よりも大切です。

瓦礫処理

そんな中、私も日常の新しいルーティーンが完成しておりました。
朝のヨガからはじまり、ご飯を頂き愛犬ニコルとの散歩
近所の河川敷を歩くのですが、昨年の台風19号の瓦礫がまだ残っているので
人に出会う事は まずありません。
見渡すと流木や傷んだペットボトルが多く散乱しています
何気なく瓦礫の山から1本の枝を引き抜いて地面にさしてみると
この単純な作業がなんだか面白くなってしまいました。

この日からガレキとゴミの選別がはじまりました。
自宅からは手引きのノコギリやスコップを持ち出して撤去作業に没頭します。
何の生産性も無い事ですが、2ヶ月が経過する頃には
息子と2人だけで大木を覆っていたガレキの山を取り除く事が出来ました。
小さな村を作ってみたり、自然の中でただ遊んでいただけでしたが
気が付けば土砂に埋まっていた枝からは、新しい芽が生まれています。
傷ついた木が元気になったかと思うと「ほっこり」嬉しい気持ちになりますね。

新型コロナウイルスとの闘いは、まだまだ時間がかかる事でしょうが
ゆっくりと世の中も動き出してきました。
これ程までに長い時間を、家族で過ごせるという機会は
おそらく今後の 私の人生に於いて無いと思います。
日々の生活の中で 子を育てていると思っていたはずが
自らが育てられている事に気がつく瞬間もたくさんありました。

鉱石ラジオ

毎日 木に登って季節で変わりゆく花の景色や草木の香り
そして 鳥の声、自然の豊かさを感じているうちに
いつの間にか飛鳥兇濃箸うと考えていた台本も仕上がっていました。

「最後の木が枯れ、最後の川が汚染され、最後の魚を釣り終えた時に、人は初めてお金が食べられない事に気がつくであろう。」
北米の先住民に伝わる言葉の意味を考えていたのです。

この少年と小道を歩いている瞬間を 幸せと感じられる感覚は、
生涯消える事は無いでしょう。

-

令和元年

近頃は旅のスケジュールを調整しながら日本各地で開催される
武道関連の催しに参加しておりました。
本年は私の所属する日本古武道協会が設立40周年を迎えます。
先日開催された 記念式典・祝賀会では 高円宮妃久子様 がご臨席賜るなど
ご高名な諸先生方の末席に加えて頂けた事は、大変光栄な出来事となりました。
これからも亡き師 久保田敏弘先生、そして同門と共に繋いできた技を
次の時代へ渡す事が出来るよう努めたいと思っております。

記念祝賀会

昭和の時代が終焉を迎える際には、元号が変わると共に
国全体が喪に服してした事を子供ながらによく覚えておりましたが
この度の生前退位では、街中から新たな時代に切り替わるという期待感や
明仁上皇の長きに渡る御公務に対して、国民の労う気持ちが伝わって参ります。
明治以前は天皇陛下の崩御で元号が変わるのではなく
国としての難題を克服する手段としても改元が用いられておりました。
この度の祝福のムードを観ていると
改めて元号の持つ力を感じる事が出来るもので御座います。

飛鳥兇 サイパン島 付近を航海中に新元号の「令和」を迎える事となりました。
私はスケジュールの都合で翌日のグアムからは、先に帰国しなければならなかった為
平成最後の演目はイリュージョンショー「Another World」で締めさせて頂く事となりました。
数日間のお休みを頂き、次回は青森県八戸港から乗船致します。

Another World

さて、今週は久しぶりに陸上にて公開があります。
昔ながらのFEELの演目もございますが、オープニングの演出を一新してみました。

THE MAGIC 「〜New Wave〜」
令和元年 5月6日 月曜日  開場12時30分 開演13時
国立演芸場 〒102-8656 東京都千代田区隼町4-1
お問い合わせ(公社)日本奇術協会
TEL 03-3361-5221   e-mail mom@magic.or.jp

FEEL

出演者は秋田県のスーパースター ブラボー中谷&はるちゃん
私がまだ修業中だった頃から、お会いするといつも気さくに
声をかけて下さっていた優しいマジシャンです。
また、飛鳥兇砲皀殴好肇┘鵐拭璽謄ナーとして乗船して頂いた
和田奈月さんなど、全く芸風の事なるマジシャン8組でお届け致します。
久しぶりにお会いする方ばかりでとても楽しみで御座います。

前売り券は残念ながら完売してしまった様なのですが
当日券が若干用意されるとの情報がありました。
(最新の情報は上記お問い合わせから確認して頂けたら幸いです。)
久しぶりに陸上での公演となりますが
満員の劇場で表現出来る事 感謝の気持ちで一杯であります。
普段、飛鳥兇料テ發捻蕕犬討い襯轡隋爾箸楼賁0磴
FEELの世界観を感じて頂けたら幸いです。
それでは、劇場でお待ち申し上げております。
 

-

日本武道代表団

厳重なセキュリティーをクリアして待合室へと案内されると
この地域で親しまれている焼菓子と甘いお茶を頂く事になった。

大臣の到着を待つ時間は、日常の舞台で体感している感覚とはまた違った緊張感である
ここはインドネシア共和国の首都、ジャカルタの青年スポーツ省
ちなみに私の髪型は仕事柄とは言え、長髪で茶色のパーマあたま…
これでは場違いではなかろうかと渡航する前に美容師さんと相談して
カットする事に決めたのでした。

日本武道代表団 表敬訪問

さて、なぜその様な事態になっているかと申しますと今回はマジックのお仕事ではなく、
日本武道館 及び外務省とスポーツ庁からの推薦を頂き、武道の日本代表団の一員として参加致しておりました。

日本とインドネシアは大変良好な関係を保っており
昨年は国交の樹立から60周年を迎えました。その記念事業の一環として現代武道9種目
(柔道、空手道、合気道、剣道、相撲、少林寺拳法、弓道、なぎなた、銃剣道)
古武道3流派(天真正伝香取神道流剣術、神道夢想流杖術、天神真楊流柔術)からなる
代表が両国の友好親善に寄与する為に国から派遣される事業であります。

青年スポーツ省

初日はアトマジャヤ大学にて講演と演武を行うグループと高村正彦 団長を筆頭に、
各流派代表者によるイマム・ナフラウィ大臣への表敬訪問がありました。
日本はインドネシアに対してインフラへ設備に大きくかかわっており
その幅広い活動に大変感謝していると御礼の言葉を頂戴する事が出来ました。
数メートル先で会話をされている高村団長は軟らかな語り口でありながら
日本という責任を背負った威厳ある姿には大変感銘をうける事となった。
やはり、この場の空気は髪型を整えて来た事は大正解だった様でございます。

ゲロラ・ブン・カルロ・バスケットボールホール

インドネシアではプンチャック・シラットといわれる武術が盛んであります。
2018年のアジア大会では初の正式種目となり、金メダルも多数獲得した模様で
表敬訪問の際にはオリンピックでもシラットを公開競技に出来ないだろうかと
通訳を通して話されていた様です。
そのシラットという武術は皆様はご存知でしょうか?
私は数日後に開催された武道交流会で白髪交じりの初老と組み合ったのですが
ゆっくりと差し出されたご老人の手首を握ると
まるで重い岩を押し付けられた様な重圧を感じ身体が傾いてしまいました。
不用意に握った事もありますが、いわゆる崩しの原理が巧みに使われおりました。
日本に限らず世界には様々な武術や達人がいるものだと感心してしまいます。
その後、老人は有名なシラットの師範であると聞かされて納得…

柔道

柔道の試合形式の演武では技が極まる度に会場から大きな歓声が沸き起こっております。
賛否両論あるでしょうが、私共の古流と呼称される武道も形式だけではなく
観覧されている方々がもっと興味をもってもらう工夫が必要である事を感じます。
若い修行者が減ってしまえば、遅かれ早かれ流派は消滅してしまうでしょう
現に明治後期から戦後にかけての資料を調べてみると
おびただしい数の流派が、活字の記録だけを残して無くなってしまっている。
各団体の演武を拝見しながら、私共も変わらなければと思った瞬間でもありました。

日本代表団

柔道の日本代表60キロ級で活躍されていた江種辰明先生(中央)からは
我々が地道に研究してきた理合いや形の重要性を高く評価して頂いた。
講道館柔道と関わりの深い我々とっては、必要とされる事は嬉しいかぎりである。
また他国が主導で作られてしまうJUDO国際ルールの問題点
日本がもっと主導しなければ柔道の理念から遠のいてしまう理由など
世界トップクラスの強豪達と戦ってきた方の言葉はとても重く説得力を感じる
お酒をかたむけながら貴重な話を聞かせて頂きました。

北海道県警函館方面本部で指導をされている菅太誠先生(左側)は
絞め技の性質の違いなど、古流技法に大きな関心を持って頂いた。
たまに函館方面も訪ねている事をお話すると、是非出稽古にとのお誘いを頂く
しかし…道警と聞いてすぐに連想してしまうのが、増田俊也氏のノンフィクション小説
七帝柔道記 にある想像を絶する過酷な稽古のくだりであります。
私は舞台の仕事もあるので、五体満足で帰れるだろうかと…質問をすると
菅先生は少年部を指導している様で「ほっ」と安堵の気持ちが生まれたました。
いつか旅でお伺いした際には、稽古をして頂くと約束を交わし乾杯をしました。

ジャカルタ

今回の国際派遣を通じて各武道の先生方との交流を持てた事は
我々の流派にとって何事にも代えられない糧となりました。
そして日本・インドネシアの国交樹立60周年の節目としての行事
2300名ものお客様が来場され日本武道への関心の高さを知る事が出来ました。

己の為に稽古を重ねてきた武道が国際親善の場で活かされるなど
微塵も考えた事はありませんでしたが
人様のお役に立てる事がわかった以上は、更なる稽古と研究を続けるという
目標が明確になった旅となりました。

飛鳥兇亘魅泪螢▲塀島を通過中でありましたが
ブログを書いているうちに気が付けば日本時間も新年を迎えておりました。
本年も昨年同様、旅が続く日々かと思いますが
まだまだ 成し遂げていない事に対しても積極的に挑む一年を目指したいと思います。
それでは、本年も皆様にとって素晴らしい年になります様に…

-

ラスベガスでの撮影

水中脱出

心拍数が上がる感覚がわかる。
密閉された空間でしばらく息が出来ないとなると、
マジシャンといえども、あまり良い気持ちはしないものです。

昔、渚晴彦先生と私の師ドルフィンから水槽脱出の
思い出話を聞いた事がありました。
当時、後楽園球場で開催していた渚先生のマジックショーで
アシスタントの女性が急に水槽に入れなくなってしまったそうです。
リハーサル時に状況を聞きつけた、ドルフィンがどうにか本番に駆けつけて
水槽に飛び込んだそうですが…
危険術というものは、ふとしたキッカケや
気持ちひとつで恐怖心が生まれてしまい演技が出来なくなってしまうのです。

おしり

と…そんな話を聞かされていたもので、とても緊張感のある現場になるはずでしたが
どうやら私の衣装、仕立て方があまかったようで
撮影の途中からズボンが破れてお尻が丸見えになっていたそうです。
スタッフからは正面の映像しか使わないので、
お尻の事は気にしないで下さいとの事でしたが
あらゆる角度から全てを記録に収められてしまって
普通の感覚を持っていたら、大丈夫な訳ないでしょ。
まったく、もう…

ラスベガス

何だかんだとラスベガスには、ひと月ほどの滞在となりました。
朝から砂漠らしき所を歩いてみたり、逆さ吊りになってみたり
プロデューサーはいったいどんな作品に仕上げる気でしょうか(笑)
そんな近況でございました。

世界一周の旅もいよいよ、最終寄港地のホノルルです。
私も合流して最終リハーサルに入っておりました。
7月1日新しいショーの初演を迎えますので是非お楽しみに
それでは、また日本でお会い致しましょう!

-

ディナーショーはいかがでしょうか

ニューカレドニア
Photo : Masatoshi Sano

久しぶりの港では食材を買い込む事も楽しみの一つです。
本日はニューカレドニアに寄港しておりました。
以前、訪れた時に残してあった この国の通貨パシフィックフランを
ポケットにねじ込んで買い出しに出かけます。
フランスに統治されていた為、文化的にも大きな影響を受けているのでしょうか
種類豊富なチーズや上質な腸詰めが比較的安く手に入るのです。
(残念ながら動植物検疫により日本国内には持ち込む事は出来ません。)
しっかりと次の寄港地までは洋酒のお供を仕入れる事が出来ました。

ヌーメア市街地

港からベルタン通り(Rue de Verdun)の坂を上っていくと
ヌーメアに現存する2つの教会にたどりつく事が出来ます。
途中で見つけた美味しそうなパン屋さんでWi-Fiをつないで
容量の大きなメールチェックと情報収集です。
船での海外旅行は楽しいのですが、連絡が密にとりづらい事が唯一の困った事…
しかし、今では港で電波を探す事にもだいぶ慣れたものです。

こちらは1894年に完成した建物、カトリックの セント・ジョセフ大聖堂
無料開放されており中に入る事が出来るのです。

セント・ジョセフ大聖堂

素敵な内装だったのでステンドグラスの写真も撮りたかったのですが
お祈りをされている地元の方もいらしたので
私も静かに礼拝堂の椅子に座って目を瞑っておりました。
雑踏の音も無く、何も考えず呼吸に意識を集中していると
畳の上で稽古前の黙想をしている懐かしい感覚になります…
でも、時より窓の隙間から流れ込んでくる土地の香が
異国に居る事を思い出させてくれるのです。

さて、今月は3年ぶりとなる世界一周クルーズが始まります。
私も箱根のホテルにて久しぶりのディナーショーを行う事になっておりました。
特製のフルコースとマジックショーでお楽しみ頂けたら幸いです。
船内のショーとは、また違った趣向でお届けしようと考えておりますので
もしお時間がございましたら、ご来場をお待ち申し上げております。

マジックディナーショー