日本代表団

厳重なセキュリティーをクリアして待合室へと案内されると

この地域で親しまれている甘いお茶を頂きながら、大臣の到着を待つ事になった。

普段の舞台で体感しているものとは、また違った緊張感が体を覆っている

ここはインドネシア共和国の首都、ジャカルタの青年スポーツ省

仕事柄とは言え、私のヘアスタイルはロン毛で茶色のパーマあたま…

場違いではなかろうかと考え、渡航前にカットする事に決めたのだ

しかし日々上演しているショーでは、演出の都合があり髪型も決められている。

美容師さんと相談しながら結果的にはオールバックにもアレンジ出来る長さに

調整してもらう事になった。

 

日本武道代表団 表敬訪問

 

さて、なぜその様な事態になっているかと申しますと

今回はマジックのお仕事ではなく、日本武道館 及び外務省とスポーツ庁からの推薦を頂き

日本武道代表団の一員として参加致しておりました。

 

日本とインドネシアとの関係は大変良好で国交の樹立から60周年を迎えます。

その記念事業の一環として現代武道9種目

(柔道、剣道、弓道、相撲、空手道、合気道、少林寺拳法、なぎなた、銃剣道)

古武道3流派(天神真楊流柔術、天真正伝香取神道流剣術、神道夢想流杖術)からなる

武道代表団を派遣して両国の友好親善に寄与するという内容である。

 

青年スポーツ省

 

初日はアトマジャヤ大学にて講演と演武を行うグループと高村正彦 団長を筆頭に、

各流派代表者によるイマム・ナフラウィ大臣への表敬訪問がありました。

話を伺うまでは存じ上げませんでしたが

日本はインドネシアに対して5兆円近くの経済援助を行っているそうで

その幅広い活動に大変感謝していると御礼の言葉を聞くことが出来ました。

数メートル先で会話をされている高村団長は軟らかな語り口でありながら、

威厳ある姿勢で対応している姿に大変感銘をうける事となった。

やはりこの場の空気…髪型を整えて来た事は正解だった様でございます。

 

ゲロラ・ブン・カルロ・バスケットボールホール

 

さて、インドネシアではプンチャック・シラットといわれる武術が盛んであり

2018年のアジア大会では初の正式種目となり、金メダルも多数獲得した模様でありあます。

表敬訪問の際には日本政府に向けて東京オリンピックではシラットを

公開競技に出来ないだろうかと懇願されていたのが、通訳を通して聞こえて来ました。

私はこれまで、シラットという武術の名前しか存じ上げなかったのですが

数日後にゲロラ・ブン・カルノ・バスケットボールホールで開催される

武道交流会で白髪交じりの初老と対じする事になるのです。

 

ゆっくりと差し出されたご老人の手首を握ると

ググッと重りを付けられた様な重圧を感じ身体が傾いてしまった。

不用意に握ってしまった事もあるが、いわゆる崩しの原理である。

それに応じて私も技を切り返すとニコリと笑みを浮かべている。

これは武術を学んでいる人間にしかわからない独特の場面だったと思う。

その後、老人はシラットのマスターであると聞かされて納得…

日本に限らず世界には達人がいるものでございます。

 

柔道

 

当日の会場には2300名ものお客様がご来場され

日本文化や武道への関心の高さを知る事が出来ました。

空手道や合気道 修行者の中には、質問をしたい為に片言の日本語を覚え

数時間をかけて会場まで来たという熱心さには感動を覚えた。

実際に手解きが出来た事は忘れられない出来事の一つとなった。

 

柔道の試合形式の演武では技が極まる度に会場から歓声が沸き起こっている

賛否両論あるだろうが、私共の古流と呼称される武道も形式だけではなく

観覧されている方々がもっと興味をもってもらう工夫が必要である事を感じた。

若い修行者が減ってしまえば、遅かれ早かれ流派は消滅してしまうであろう

現に明治後期から戦後にかけての資料を調べてみると

おびただしい数の流派が、活字の記録だけを残して無くなってしまっている。

各団体の演武を拝見しながら、私共も変わらなければと思った瞬間でもありました。

 

日本代表団

 

柔道の日本代表60キロ級で活躍されていた江種辰明先生(写真中央)からは

我々が地道に研究してきた理合いや形の重要性を高く評価して頂いた

また他国主導で作られてしまうJUDO国際ルールの問題点

日本がもっと主導しなければ柔道の理念から遠のいてしまう理由など

世界トップクラスの強豪達と戦ってきた言葉はとても重く説得力を感じる

お酒をかたむけながら貴重な話を聞かせて頂いた。

 

北海道県警函館方面本部で指導をされている菅太誠先生(写真左側)は

絞め技の性質の違いなど、技法に大きな関心を持って頂いた。

講道館柔道と最も関わりの深い我々としては、柔道家から必要と感じて頂ける事には

モチベーションも上がり感謝の気持ちが生まれるものである。

たまに函館方面も訪ねている事をお話すると、是非出稽古にとのお誘いを頂く

しかし…道警と聞いてすぐに連想してしまうのが、増田俊也氏のノンフィクション作品

七帝柔道記 にある想像を絶する過酷な稽古のくだりである。

私は舞台の代理を立てる事も出来ない為、五体満足で帰れるだろうかと…質問をすると

菅先生は少年部を指導している様で「ほっ」と安堵の気持ちが生まれた

いつか旅でお伺いした際には、稽古をして頂くと約束を交わし乾杯をした。

 

日々、本当に素晴らしい出会いばかりであった。

 

ジャカルタ

 

今回の国際派遣を通じて各武道の先生方との交流を持てた事は

我々の流派にとって何事にも代えられない心の糧となりました。

日本・インドネシアの国交樹立60周年

己の為に修行を積んできた武道が国際親善の場で役立てる事が出来るなど

微塵も考えた事はありませんでしたが

人様のお役に立てる事がわかった以上は、更なる稽古と研究を続けるという

目標が明確になった旅でございました。

 

さて、飛鳥兇亘魅泪螢▲塀島を通過中でありましたが

ブログを書いているうちに気が付けば日本時間も新年を迎えておりました。

本年も昨年同様、旅が続く日々かと思いますが

まだまだ成し遂げていない事に対して、積極的に挑む一年を目指したいと思います。

それでは、本年も皆様にとって素晴らしい年になります様に…


コメント
コメントする








   
この記事のトラックバックURL
トラックバック

calendar

S M T W T F S
  12345
6789101112
13141516171819
20212223242526
2728293031  
<< January 2019 >>

selected entries

archives

recent comment

links

profile

search this site.

others

mobile

qrcode

powered

無料ブログ作成サービス JUGEM