ラスベガスでの撮影

水中脱出

 

心拍数が上がる感覚がわかる。
密閉された空間でしばらく息が出来ないとなると、
マジシャンといえども、あまり良い気持ちはしないものです。

昔、渚晴彦先生と私の師ドルフィンから水槽脱出の
思い出話を聞いた事がありました。
当時、後楽園球場で開催していた渚先生のマジックショーで
アシスタントの女性が急に水槽に入れなくなってしまったそうです。
リハーサル時の状況を聞きつけた、ドルフィンが本番に駆けつけて水槽に飛び込んだそうですが…
危険術というものは、ふとしたキッカケや
気持ちひとつで恐怖心が生まれてしまい演技が出来なくなってしまうのです。

 

おしり

と…そんな話を聞かされていたもので、とても緊張感のある現場になるはずでしたが
どうやら私の衣装、仕立て方があまかったようで
撮影の途中からズボンが破れてお尻が丸見えになっていたそうです。
スタッフからは正面の映像しか使わないから、お尻の事は気にしないで下さいとの事でしたが
あらゆる角度から全てを記録に収められてしまって
普通の感覚を持っていたら、大丈夫な訳ないでしょ。
まったく、もう…

 

ラスベガス

何だかんだとラスベガスには、ひと月ほどの滞在となりました。
朝から砂漠らしき所を歩いてみたり、逆さ吊りになってみたり
いったいどんな作品が出来上がるのでしょうか(笑)
そんな近況でございます。

世界一周の旅もいよいよ、最終寄港地のホノルルです。
私も合流して最終リハーサルに入っておりました。
7月1日新しいショーの初演を迎えますので是非お楽しみに
ではでは、また日本でお会い致しましょう!


コメント
ラスベガスでの仕事楽しそうでしたね笑笑
お尻が丸見えでも「ほんとにもう!」程度で流せる心の広さ!日本人のいい所だと思います。
小さなことには動ぜず、大きなことに目を向ける。そこがtakuyaさんのいいところです。
1日1秒と言わず成長していくtakuyaさんのブログを見るのが楽しみです^_^
ブログを見て勇気を貰ってる人は沢山いると思います。住んでいる場所、置かれてる環境が違っても、根本は一緒ですから。また力を頂きましたよ!私も仕事頑張っていこうと思いました。
誰かの笑顔が1つでも増えるように…そんなことを頭に置いて生活して居たらきっともっと変わりますね^ - ^
とにかく体に気をつけてこれからも頑張ってください!
  • mk
  • 2018/07/08 7:15 AM
コメントする








   
この記事のトラックバックURL
トラックバック

calendar

S M T W T F S
1234567
891011121314
15161718192021
22232425262728
293031    
<< July 2018 >>

selected entries

archives

recent comment

links

profile

search this site.

others

mobile

qrcode

powered

無料ブログ作成サービス JUGEM