新作へ向けて

どこまでも煌びやかな光を放ちながら続くメインストリートは
眺めているだけでも刺激的で、新しい発想が生まれてきます。
この町にはシルク・ドゥ・ソレイユの様なロングランの公演もありますが
多くの作品はしばらく観ないうちに劇場が移っていたり
残念ながら終演になってしまったり、それぞれのホテルで抱えるショーが
切磋琢磨を繰り返しながら新しいエンターテイメントが生まれています。

 

今月はラスベガスで銃の乱射事件という大変な事件もありましたが

私が滞在していた時期とは2日違いのニアミス。

空港も閉鎖されてしまった様で、ニュースを見て本当に驚きました。
普段歩いていた場所で大惨事が起こるなんて、信じられない気持ちでおります…
被害にあわれた方々には心からご冥福をお祈り申し上げます。

 

Bellagio

 

さてこの度、渡米していた目的は新たなイリュージョンショーの打ち合わせの為で

プロデューサーのGailさんと共にマジックビルダーTimさんの事務所を訪ねておりました。

因みにここで言うビルダーとはショーの道具を作って下さる方であります。

私も驚いてしまう位に多くのアイディアを持っており、

この打ち合わせを基にイメージした世界を形にしてゆくのです。

 

下の写真右側の女性が2014年からお世話になっているプロデューサーのGail Davies氏
パラリンピックなどの大型イベントの振付もこなしますが

何よりもご自身がミラージュホテルで上演されていた名作のマジックショー

ジークフリード&ロイにも出演されておりました。

やはりマジック特有の舞台事情を知っている方に就いて頂くと制作もスムーズに進むのです。

 

Las Vegas

そして左端の男性は船内ではウイスキーの美味しさを教えて頂き
ラスベガスでも共に飲み歩いていたナイスガイ、クルーズディレクターの増田氏
今回は通訳にもなって頂き本当に助かりました。

 

実はマジックにも音楽と同様に著作権があるので、新しいデザインで道具を製作したとしても
原理の考案者(申請者)に使用許可が必要になるのです。
その為の事務的な作業も必要ですし、大道具製作、衣装製作、音楽製作、照明効果、等々
ショーが完成するまでには相当な数のスタッフに力をお借りしているのです。

 

LOST IN TIME

2015年公開 LOST IN TIME(リハーサル )


次回の作品もストーリーを大切にした仕上がりになる様に考えておりますが
まだ発表前の為、どんなショーになるかは今しばらくお待ち下さい。
本日は新しいプロジェクトが動き始めたという近況のご報告でした。

 

もちろん現在上演中のショーも千秋楽に向けて一生懸命演じておりますので
飛鳥兇砲款菫イ気譴榛櫃砲論非、皆様のご来場をお待ち申し上げております。


コメント
コメントする








   
この記事のトラックバックURL
トラックバック

calendar

S M T W T F S
     12
3456789
10111213141516
17181920212223
24252627282930
31      
<< December 2017 >>

selected entries

archives

recent comment

links

profile

search this site.

others

mobile

qrcode

powered

無料ブログ作成サービス JUGEM