カムチャッカの若者が きりんの夢を見ている時
メキシコの娘は 朝もやの中でバスを待っている…

ずいぶん昔の話ですが、国語の時間に習った
谷川俊太郎さんの詩「朝のリレー」を思い出しておりました。
どちらかと言えば学業に熱心では無かったのですが
全く聞いたことのない町の名前や冒頭のフレーズは
妙に心地よく記憶に残っておりました。

飛鳥兇料ノ垢癲覚めと共に新たな町から一日が始まります。
この度の寄港地 ペトロパブロフスク・カムチャッキーでは
まだ肌寒い位の気候、慌ててクローゼットから秋物の洋服をとり出しました。
ロシア独特の淡い色使いの建物や、レーニン広場に建つブロンズ像が
この国の雰囲気をかもしだしております。

ペトロパブロフスク・カムチャツキー

客船で旅をするにあたって嬉しい事は、専門家の解説が聞ける事です。
今回の講師は「プーチンと柔道の心」の著者、小林和夫 先生が乗船されており
ロシアのプーチン氏と対談した時の様子を教えて頂く事が出来ました。
プーチン氏といえば柔道家としても大変有名な方ですが
大統領府には柔道場と嘉納治五郎先生の銅像が併設されているそうです。
道場に足を踏み入れた際にも、しっかりとした礼法をとっていたそうで
来日時に講道館からの名誉段位を辞退した意味も頷けます。
武道の本質がわかるだけに、柔道の段位に対しても真摯に向き合っていたのでしょう。
飛鳥兇料ノ垢牢鷙礎呂筌董璽泙鳳茲辰森岷蕕眇裕い糧詭なのです。

飛鳥曲語

さて、今回はいくつかの取材も入っておりました。
現在BSで放送中の「飛鳥曲語」ではクルーズの魅力をお伝えする番組として
毎週土曜日に放送されております。
次回の放送では飛鳥兇離泪献轡礇鵑箸靴謄妊咼紂爾靴榛△留覗を使いながら
特集を組んで頂きました。
短めの番組ですが是非ご覧になって頂けたら嬉しいです。

LOST IN TIME

飛鳥物語「マジシャン登場」
7月16日(土)午前9時55分〜10時

TBS系列のバラエティ番組でも客船の特集が放送されます。
こちらの番組ではマジックショーの場面はあまり映りませんが
ゲストの ゴダイゴ さん達のライブがピックアップされております。
船旅にご興味のある方はお楽しみ頂けるかと思います。
マツコの知らない世界「豪華客船の世界」
7月26日(火)20時57分〜

また、クルーズの専門誌でも取り上げて頂きました。
「華やかなステージの舞台裏に潜入」の項目でマジックショーが掲載されております。
船内で働く素敵な仲間達も沢山載っておりますので、是非ご覧になって頂けたら嬉しいです。

CRUISE 7月号

CRUISE 7月臨時増刊号
飛鳥クルーズ就航25周年記念オフィシャルブック「飛鳥兇選ばれる理由」
海事プレス社 1,200円(税込み)