先週は、日本武道館で演武を披露する機会を頂き
第39回日本古武道演武大会へ参加して参りました。
現代では馴染みが薄いかもしれませんが
江戸時代には 剣術、槍術、杖術、砲術、柔術、水術 など
多様な武術が諸藩に於いて盛んに稽古されておりました。

日本武道館

現在(財)日本武道館が統括する古武道協会には80の団体が加盟しており
そのうちの一派が私共の流派 天神真楊流柔術 でございます。
流祖は幕臣の磯又右衛門柳関斎源正足と申しまして
楊心流 とさらに分派した 真之神道流 を修行の末、合流させた流儀でございます。
私共の学ぶ系統は3代目の 磯又右衛門正智 に師事した、八木寅次郎先生の門下で
酒本房太郎先生、そして亡き師 久保田敏弘先生へと伝承されてきました。

また 嘉納治五郎 先生が、講道館柔道を創始する際に修行した柔術であり
柔道技法の中にも多くの原理が取り入れられております。
講道館7段 審査の際に実施される 五の形 も私共の口伝をほぼ原形のまま採用されている等
柔道との関係は非常に密接なつながりを持っているのであります。

第39回 日本古武道演武大会

7年ぶりとなる日本武道館への出場でございましたが
私は相変わらずの旅が続いている為、このまま稽古不足なまま
演武をする事は如何なものかと不安な気持ちでおりました。

その矢先、先代が修行をしていた 酒本房太郎 道場からの門人
坂本忠彦 先生と高弟の 福田哲雄 先生が演武を御一緒して頂ける事となりました。
板の間で柔術の技を受けを事は難しく身体にも相当な負担がかかります
ご高齢にも関わらずありがたい気持ちでございます。

明治維新後 文明開化の波が押し寄せ、更には戦後GHQによる
武道禁止令による政策が行使される中、多くの流儀が消滅していきました。
そんな時代に脈々と古流儀を継承されてきた先人達は
並々ならぬご苦労があった事だろうと思います。

八木寅次郎 生誕の地

続いての旅はコスタリカ共和国 へと向かいますが
出国する前に秩父市の八木寅次郎先生生誕の地を訪ねて
今後の抱負と目標を整理してまいりました。
現在のご当主は同地に於いて観光農園を営んでおり
2度目の訪問でしたが、この度も貴重なお話を聞かせて頂けました。

旅先でも稽古が出来ればいいのですが、大きな課題です…
さて今年も新しい旅が始まります。