東海の名園

ビルが立ち並ぶ繁華街の一角に、突如日本式の門構えが姿を現す。
建物に入ると「萬事莫如花下酔百年渾似夢中狂」と書かれた額が掲げてあり
さらにロビーへ進むと「薫風閣」と書かれた文字が出迎えてくれる。
こちらは明治33年に伊藤博文が逗留した際に書かれたそうな

中庭を覗くと弓状にそった木製の反橋が掛けられていて
まさに古写真で見たままの庭園が広がっているのだ。
興味津々の質問に、御丁寧に解説して下さるのはスタッフの山田さん。

 浮月楼(古写真)

この場所は徳川慶喜公が大政奉還後、20年間に渡りお住まいになられた 静岡の浮月楼
建物は幾度かの火災の為、再建されているのですが
庭園は当時のまま時代の面影を残している様子。
そして現在は、料亭へと姿を変えて人々をお持て成ししているので御座います。

入口で出迎えてくれた書も慶喜公直筆の物で
「何事も花の下で酔うにこしたことはない、人生は夢の中に狂うのと似たようなもの」
と語っているそうです。
本人の言葉なのかは、わかりませんが
過去の大きな責任を果たした慶喜公が駿府の地で、
落ち着いた暮らしをされていたのだろうかと、書から勝手な想像が膨らんで参ります。

敷地内には小さな歴史資料室も併設されておりました。
趣味で撮影をされていた写真本が展示されており
その中には、なんと飯盛山の白虎隊碑を訪ねた時の写真も含まれていた。
後年 会津を訪問していたとは驚きでございます。
土地の人々や隊士の気持ちを考えると途轍もない事であり、切なさを感じてしまいましたが
時を経て慶喜公自らが弔いの為に訪れたのでしょうか。

…そんな事を考えながら庭園を散歩していると
本番前の気持ちの高ぶりとは別な感覚である事に気が付きました。
明治の頃と同じ景観を感じる事が出来て
古写真で見た、同じ水辺に立てている事に興奮しているのか
今回も責任重大なお客様方では御座いましたが
いつもよりは緊張感が緩和されていた様でございます。

浮月楼

仕事とはいえ好みの場所を訪ねる事が出来まして、とても嬉しい旅路
浮月楼 プライベートでも、また訪れたいな

さて、今週末からは仙台ロイヤルパークホテルでもディナーショーが開催されます。
一般公開の情報は定期的にホームページにて掲載しておりますので
是非ご来場賜りますようお願い申し上げます。

コメント
素敵なところですね!
TAKUYAさんが好きそうな場所(笑)
たまにはそんな素敵なところで
のほほんと我を忘れたいです(´Д`)
  • つぐみ
  • 2012/08/07 6:28 PM
水や自然がある場所というのは本当に落ち着きますね
今回の場所は、けして大きな所ではないのだけれど
歴史の付加価値がついていたので
私はとても満足でした。
つぐみさんも近頃は舞台のお手伝いが多くなって
大変ですね、でも頑張って下さいね!
  • TAKUYA
  • 2012/08/10 1:07 AM
先日のMOMではどうもありがとうございました。25日26日は出張や先約の関係で観にうかがえなくて残念です。またいいライブになるよう願っています。

今回のブログ、良さそうな庭園ですね。
徳川慶喜公は、当時の日本が列強に分割され植民地となってしまうのを防いだ最大の功労者のひとりだと思っています。しかし、その彼の選択により、結果的に会津、長岡を始めいくつかの地方の方々が犠牲になった(控え目に言っても、大半は新政府の責任だと思いますが)のを慶喜公はどう思っていたのか気になっていました。

TAKUYA さんの今回のブログで、慶喜公が会津を訪問され、飯盛山の白虎隊碑にも訪れてはったと知り、ちょっと良かったと思いました。
ふようほう様

お忙しい中いつも、気にかけて下さってありがとうございます。
またタイミングの合った際には是非、お待ち申し上げております。

私も慶喜公の英断がなければ犠牲者がもっと増え
維新への道のりも遅れてしまったと思います。
保身を考えていたら絶対に出来ない事。
新政府と幕府共々、命を削り結果的に日本を守りぬいた事を、
私達の世代も忘れてはならない出来事だと思っております。

当時は軍事力が英仏蘭米よりも圧倒的に劣っていたはず
しかし一人ひとりの責任感と自国を尊ぶ精神があったからこそ
豊かな日本がつくられたのだと思います。
歴史に学ぶこと、今最も必要とされている時期なのかもしれません。


…慶喜公も飯盛山から鶴ヶ城の方角を眺めた事でしょう。
会津の隊士達も様々な意味で報われた瞬間なのではないでしょうか。
  • TAKUYA
  • 2012/08/12 11:42 AM
コメントする








   
この記事のトラックバックURL
トラックバック

calendar

S M T W T F S
   1234
567891011
12131415161718
19202122232425
262728293031 
<< August 2018 >>

selected entries

archives

recent comment

links

profile

search this site.

others

mobile

qrcode

powered

無料ブログ作成サービス JUGEM