江戸の手妻

先日から文化庁の芸術体験事業で巡回公演をされている
藤山新太郎先生からお声がけ頂き、江戸手妻公演の一座に参加させて頂いておりました。
日本文化と申しますか和の雰囲気には、お客様の好みがはっきりと分かれるものです。
ましてや低年齢層には和の内容は難しいのでは…と考えておりましたが
意外な結果に驚かされる場面ばかりでございます。

今回は新潟県上越市から、富山県の四方そして小矢部方面を巡り
松旭斎天一の故郷でもある福井県、そして京都府の綾部へと巡業の旅路でございます。



90分という子供にとっては長時間に及ぶ公演にも関わらず
どの地域でも飽きる事なく舞台を鑑賞している姿には、とても感心してしまいました。
また、邦楽の演奏も現代の楽曲を絡める事によりお客様の関心が一層高まっていた事
三味線や鼓の音色に合わせて子供達が自発的に歌い出すなんて
通常では考えられない出来事です。
それだけ舞台に、のめり込んでいるのだなと思えたのです。

今回、私はお弟子さん達に交ぜて頂き貴重な役まで頂戴する事が出来ました。
口上の言い回しても後見にしても、全て勉強になる事ばかりでございます。
演目は、種を蒔くと短時間にして植物を成長させる「植瓜術」をはじめ
文化庁の芸術祭に於いても賞を受賞している「水芸」
そして、紙の切れ端を蝶々に見立てて扇子で羽ばたかせる「蝶のたはむれ」
この作品に於きましては光栄な事に後見につかせて頂き、身近に芸を感じさせて頂いた。

大そうな制作費をつぎ込んだショーを観た時にも
それなりの驚きや感動を覚えた事はありましたが…
紙の切れ端一枚を扇いだだけで、それに劣る事のない感動が生まれている
蝋燭明かりで舞っている紙片が、私には時より本物の蝶に見えていた
これも一つの名人の形ではないでしょうか。

芸は形だけ真似て出来るものではく、修行や日常の生活過程が動きに反映される
武道の教えも同じ部分で共通している、全ては心に辿り着くのでしょうか…

コメント
三味線や鼓の音色に合わせて子供達が自発的に歌い出す・・・とは凄いですね。
ちゃんと子供達の心に伝わる、魅力的な世界が創り出されていたんでしょうね。

今回貴重な経験もされてますね。
またTAKUYAさんご自身の公演やFEELの公演で、いつか今回のご経験が活かされるのを、楽しみにしています。
道中長いようですが、どうぞお体には気をつけて。
ふようほう様
いつもありがとうございます。
今回も非常に勉強になる事ばかりで、
導いて下さる先生方には感謝しかございません。
幼少期に和の文化を抵抗なく受け入れられる環境を
調えてあげる事は私達大人の課題なのではと感じました。
その芽が育った時、いつか日本の文化や風土を
大切にする人材に育ってくれると信じております。
私もまた新たな報告が出来る様、頑張りますので
今後ともどうぞ宜しくお願い申し上げます。
  • TAKUYA
  • 2011/10/08 10:14 AM
コメントする








   
この記事のトラックバックURL
トラックバック

calendar

S M T W T F S
  12345
6789101112
13141516171819
20212223242526
2728293031  
<< May 2018 >>

selected entries

archives

recent comment

links

profile

search this site.

others

mobile

qrcode

powered

無料ブログ作成サービス JUGEM