報道機関も時間の経過と共に随分少なくなりました。
しかし被災地では未だに多くの方が解決策の見えない中で時間と戦っているのです。
避難所で会話をしていると「あなたが見たままを周りに伝えてほしい。」
そんな言葉が圧倒的に多い現状でもあります。
避難所の状況は様々ですが
働く意欲のある人間が半年間もダンボールで区切られた生活を強いられている
そして、エアコンもない空間で暑さを凌いでいる
大震災の残した爪痕は大き過ぎますが…ここで終わる訳にはいきません。



近頃は名古屋にお招き頂く機会が多く
先日も愛知東邦大学のOB会に参加させて頂きました。
そこでは被災地を応援する為に東北の食材や地酒を参加者に配る等の支援に加え
義援金を募って頂きました。
東北から離れた愛知県からも未だに多くの方々が被災地を応援して下さっている
本当にありがたい事でございます。

また、この度は支援金も頂戴してしまいましたが
日頃から社会貢献活動へ積極的に取り組まれている
株式会社セレスポ 様を通じて日本赤十字社へ寄付させて頂きました。
東邦大学OBの皆様にはこの場を借りて厚く御礼申し上げます。

これまでにも数多くの皆様から活動支援金の申し出を頂いておりますが
私共は自分達で出来る範囲で応援活動を実施しております。
是非そのお気持ちを信頼出来る団体へ寄付して頂けたら嬉しいです。
今後も公演の合間には、応援活動を継続して行こうと考えております。

子供達の明るい笑顔が次の時代を作るはずです。


9月19日(月)開演11:00頃
仙台市若林区荒井地区で被災された方々が新たに発足した
「東通仮設住宅町内会」の集会所に於いて応援公演を行います。

14:00からは「Culture Bridge」のオーナー香野様のご提案で
店舗をお借りしての応援公演を実施致します。
お近くにお住まいの方はお子様を連れて是非ご来場下さい。
入場無料です。
宮城県仙台市若林区6丁の目南町1−40
TEL022-781-9512

映画「福島さん」×ダンス「KANOI」×マジック「TAKUYA」
日 程:9月21日(水)開場19:45〜 開演20:00〜
会 場:サブテレニアン
住 所:東京都板橋区氷川町46-4 B1F
入場料:1,200円(今回の入場料は全額、福島県復興の為に使用されます。)

この映画は私もストーリーの冒頭で参加させて頂いたのですが
原発についての肯定や否定という極端な事ではなく
現在、日本の抱えている問題を考えるきっかけになってくれれば幸いです。

私は、まだまだ生まれ育った町への恩返しは出来ていませんが
これからも1日1日を復興へ向けて共に頑張りましょう!