先日は白石で開催されたチャリティーイベント
朝から生憎の雨で、一体どうなる事やらと案じておりましたが
午後からは一転、お天道様が顔を出して下さいました。
これは、お天気祭りのお陰でしょうか?

雨が降らない事を願って酒宴をひらく事をお天気祭りと呼ぶそうで
東北地方では頻繁に行われている様子。
皆様はご存知でしたか?
私が仙台に住んでいた頃は、あまり馴染みがございませんでしたが
今回は見事に雨雲を退散させる事が出来ました。

東日本大震災チャリティーコンサート

以前の記事にも書いたように、白石も被災地であり
町の住宅やお城にも被害を受けております。
しかし3カ月という節目で気持ちを切り替え、復興へ向けた新たな運動を始めようと
東日本大震災チャリティーコンサートが開催されました。

出演者は宮城県に所縁のある方々で構成。
総合司会の山崎バニラさん、出演者には坂本サトルさんや、熊谷育美さんらを迎え
私も末席に加えて頂きました事、誠に恐縮でございます。

自治体を中心にチャリティー事業を行うには
必ず表からは見えない場面で、御苦労されている方々が居て成り立っております。
連日、夜遅くまで準備をされていた白石青年会議所の皆様
そして各ブースを受け持たれたボランティアスタッフの皆様、本当にありがとうございました。
それから前半の大雨にも関わらず集って下さった、お客様のお陰でございます。
心から感謝御礼申し上げます。

東日本大震災チャリティーコンサート
写真提供:NOBUみちのく

熊谷育美さんは被害の大きかった気仙沼の出身
透き通るような歌声で被災地へ向けて、心のこもったメッセージを伝えてらっしゃいました。
坂本サトルさんは、ギター一本で発するエールはとても力強く
私自身、昔から聞いていた歌声を間近で聴く事で力がみなぎってきた
会場のお客様も元気の源になったり、癒しの力になったり
様々な感じ方があったのではないでしょうか

山崎バニラさんに於いては、前半の豪雨の中も着物姿で
4時間半もの長丁場を明るい司会で盛り上げて下さいました。
舞台裏でも謙虚で本当に素敵な方でございます。

私達は復興へ向けて前進する事を願い、あえて言葉は使わずに
元気なマジックショーをお届けしました。
あの日から3カ月が経過、今も被災地では困難な生活が続いております。
小さな事でも結構でございます、身近な場所での継続支援をどうか宜しくお願い申し上げます。

チャリティーコンサート寄書き
写真提供:社団法人白石青年会議所

今回の開催地である白石城にも大震災によって大きく亀裂が入っております。
以前の様な姿に修復するには相当な費用がかかる為
全国の城郭愛好家の皆様、東北方面へお越しの際には
是非とも白石城へもお立ち寄り頂けたら嬉しいです。
街並みも歴史を大切にしていいる素敵な町ですのでこれからも応援して下さい!!