名人芸

50年間舞台で表現してきたマジシャンの動き
優雅な振る舞いに客席からは、ため息が漏れている…
演技をされているのは日本奇術協会の会長を務める渚晴彦先生
私の師匠のさらに師匠にあたるお方で、先生から見ると私は孫弟子にあたる。

シルクハットに燕尾服、私のスタイルとなるルーツも
元を辿れば渚先生へとたどり着く訳でございます。
今回は先生のお手伝いのはずが渋谷慶太さんのご厚意で
お客様に混ざり演技を観覧させて頂きました。

数年ぶりに拝見するマジックは、本当の魔法使いの様で
私自身が幼少の頃に戻ったかのような錯覚に陥ってしまった。



…私の師、ドルフィンより常々言い聞かされて来た事は
ステージに音響照明そしてスタッフの方々が準備されている環境を整えてくれたのも
渚先生を始め、先人達が作ってくれたレールがあるからという事
育てて頂いた環境に多大なる恩恵を受けている事を忘れてはいけない。

それは芸の世界だけではなく
生まれ育った地域や出会った方々にも同じ思いでございます。

コメント
コメントする








   
この記事のトラックバックURL
トラックバック

calendar

S M T W T F S
   1234
567891011
12131415161718
19202122232425
262728293031 
<< August 2018 >>

selected entries

archives

recent comment

links

profile

search this site.

others

mobile

qrcode

powered

無料ブログ作成サービス JUGEM