被災地の皆様 頑張って下さい。

こんな状況になるなんて誰が想像したでしょうか…
私の育った町が、思い出の景色が全て変わっている。
未だに連絡のつかない友人達…
祈る事しか出来ない現状がとても、もどかしいです。

命を顧みず、最後まで防災無線を続けた方
危険を承知の上、災害復旧に努めている自衛隊や医療機関の皆様
心から尊敬の気持ちでいっぱいです。

絶対に復興させて住みよい町を取り戻しましょう。
それまでは、どうか頑張って下さい。



どうしても、当てはまる言葉が見つかりませんが…
絶対に絶対に頑張って下さい

美しい海や綺麗な町を取り戻しましょう
私にも出来る事が見つかれば必ず応援に行きます。

大変な不便な生活環境でしょうが希望をもって
みんな踏ん張って下さい、本当に頑張って下さい!!!!!
日本中が世界中が被災された皆様の、心の安らぎを祈っています。


コメント
今年はかつてないおつらいなか、誕生日をお迎えになったのではないかと、お察します。

ただ、SAKURAさんのブログのコメント欄で、ご両親とご連絡が取れたことを読み、よそながらではありますが少しホッといたしました。

まだ安否のわからない、ご縁者、ご友人の方々が多くおられるかと思いますが、ご無事を祈っております。
  • ふようほう
  • 2011/03/15 12:00 AM
うちら、地元に居なくてもどかしい気持ちで一杯だけど、出来る事からやっていこう!!!
うちらの地元を、みんなで取り戻していこうね!!!
  • みか
  • 2011/03/15 1:03 AM
ご両親がご無事で本当によかったですね。さぞかしご心配だったと思います。

TAKUYAさんのブログから『頑張れ東北!!』というエールが聞こえてくるようです。
そしてそんな力を被災地のみなさんに与えてくれるような魔法をきっと考えられてるのでしょうね。

残念ながら復興には時間がかかるかもしれません。
でも、本日被災地の友達のブログで『みんなで食べ物持ち寄ったから大丈夫です。』というコメントを読み深い感動を覚えました。まさにTAKUYAさんの『頑張れ東北!!』というエールの気持ちが私にも心の中でこだましました。

ひとりひとりの小さな持ち寄りが大きな生きるという力になる

TAKUYAさん、そんな魔法があるものでしょうか?
是非そんな魔法をFEELより発信お願いしたいと思います。TAKUYAさん、SAKURAさんのブログを読んで勝手ながらこの人たちなら!!と感じたしだいです。

とはいうものの危険な地域にも出向くことになります。ぜひお体や安全には気を付けてください。
私も義援金だけでもお手伝いする所存であります。

また次回笑顔で会えることを楽しみにしています。
  • マサジー
  • 2011/03/15 1:34 AM
TAKUYAさんご無事でしたか。。。。。
頻繁に仙台へ行かれてたので私の家族で心配しておりました。
またTAKUYAさんのマジックで笑顔を取り戻して下さい。
私達に出来る事は節電や募金しかありませんが
皆様の健康を心からお祈りしています。
ご友人、無事だといいですね。
  • 中村
  • 2011/03/15 12:59 PM
takuyaの両親無事だったんだね。良かった。
本当にこんな事になるとは・・・だよね。

本当に大変なのはこれからだと思うけど
また地元で笑顔で会える日を願おう!
  • はらやん
  • 2011/03/15 11:42 PM
今回の地震ではとても考えさせられています。
家族が見つからなくても、気丈にふるまう被災者の姿をみていると日本人として何事もない私達が頑張らなくてはいけないと思いました。
TAKUYAさんの思いもきっと届いていると思います。
公演が再開されたら、また応援に駆けつけます!

これほど日本の気持ちが一致する事なんてあったでしょうか?
皆様に笑顔が戻りますように祈ってます!
  • ゆみ
  • 2011/03/16 12:17 AM
頑張れ東北!

「なぜ略奪ないの? 」=被災地の秩序、驚きと称賛―米
時事通信 3月16日(水)16時9分配信
【ワシントン時事】東日本大震災の被害や福島第1原発事故が連日、トップニュースで伝えられている米国で、被災者の忍耐強さと秩序立った様子に驚きと称賛の声が上がっている。「なぜ日本では略奪が起きないのか」―。米メディアは相次いで、議論のテーマに取り上げている。
 CNNテレビは、2005年に米国で起きたハリケーン・カトリーナ災害や10年のハイチ大地震を例に「災害に付き物の略奪と無法状態が日本で見られないのはなぜか」として意見を募集。視聴者からは「敬意と品格に基づく文化だから」「愛国的な誇り」との分析や、「自立のチャンスを最大限に活用する人々で、進んで助けたくなる」とのエールも寄せられた。

Yahooニュースから
  • 仙台応援団
  • 2011/03/16 11:58 PM
心あたたまるコメント、そして沢山のメール全て拝見させて頂きました。
親身になって心配して頂き、応援して頂き本当にありがとうございます。

現地からの連絡も少しずつ入るようになりましたが、友人の家が流されてしまったり…
一度流された後に木にしがみついて一命をとりとめた話等、身近な方が壮絶な体験をしておりました。

関東地方での節電効果が予想以上に上がっている様子
日本全体で応援していますのでどうか頑張って下さい!

そして元気な姿でお会いしましょう!!!!!
コメントする








   
この記事のトラックバックURL
トラックバック

calendar

S M T W T F S
 123456
78910111213
14151617181920
21222324252627
28293031   
<< October 2018 >>

selected entries

archives

recent comment

links

profile

search this site.

others

mobile

qrcode

powered

無料ブログ作成サービス JUGEM