昨日の御礼とCMのこと

昨日は 横浜市開港記念会館 にご来場頂いたお客様ありがとうございました。
趣のある建物だとは思っていましたが、何と国の重要文化財だったのですね。
大正6年からの建物なのですが、関東大震災により内部が焼けてしまい
昭和2年に創建時の職人達により復元されたそうです。

会場は板張りの上から何らかのコーティングされた撓る床で
舞台には重厚感のある幕に常設の生明かりが数か所に設置されております。
一緒に来ていた息子は、何となく時代背景を感じとったのでしょうか
「花子とアンと一緒だね」と興味深く建物を探検しておりました。
いつの間にか歴史にも興味を持てる様になっている事が
子供の成長を感じて、少しばかり嬉しい気持ちになってしまいました。

横浜市開港記念会館

今回はクラシック曲のみでマジックショーを構成するという
普段の公演では中々挑戦出来ない貴重な経験もさせて頂きました。
劇場と演技者そしてお客様との雰囲気が一体となり
昔の劇場にタイムスリップしかの様な、不思議な気持ちになってしまうのです。
またいつの日か、再演が出来たならば嬉しいですね。


 それから…すっかり忘れてしまっていたのですが
少し前に撮影を終えていた 日産のCM にマジックの監修で参加しておりました。
私も息子に同じ様な事を見せていたので懐かしい感じが致します。
なんだか、心がホッコリしてしまう作品に仕上げて頂きましたので
ご覧になって頂けたら嬉しいです。


 

The Tower of Saint-Germain 〜サンジェルマン伯爵の時計塔〜

サンジェルマン伯爵…
1700年代に実在した、科学者であり、音楽家であり、画家でもある。
いつ会っても全く見た目が変わらないという不老不死伝説や
時空を自由に移動できるという伝説があることから
「ヨーロッパ史上最大の謎の人物」とされている。

さてさて、この度もまた魅力的な公演に参加させて頂きます。
私共とご縁のある2つのプロジェクト
「Steam Garden」と「abilletage」が合同イベントを行う事になりました。
スチームガーデンに関しては今回で3度目の出演となりますが
回を重ねる度に芸術性の高いアーティスト達との出会いがあり
とても刺激を受けておりました。


Camera Taro Irei / Still Kiyo Murakami / Edit Luke Chaos / Presented by Steam Garden & abilletage

そして、abilletage(アビエタージュ)とは
コルセットデザイナーのbambiさんが代表を務めるブランドで
SAKURAがメインで使わせて頂いている衣装もこちらの作品です。
素敵な衣装ばかりなので是非、皆様にもご覧になって頂きたいです。
この企画の魅力的なところは、表現する側だけでは無く
会場のお客様と一緒に世界観を作っていく所なのかと思います。

会場には衣装やアクセサリー等、約40のブースが並ぶそうで
様々なデザイナー作品を拝見する事が出来ます。
今回はゲストパフォーマンス以外にも
ワークショップの部屋も設けており カドリーユ という
クラシカルなダンスのレクチャーも受けられるとの事です。

The Tower of Saint

フライヤーデザインは、私が個人的に大ファンのKiyo Murakamiさんの作品
そしてモデルはいつもお声をかけて下さるLukeさんとKennyさんとbambiさん
なんてセンスの良い絵なのでしょうか、見ているだけでワクワクして参ります。
会場ではドレスコード等は御座いませんが、是非この機会に
素敵な衣装に着飾って18世紀の社交界をお楽しみ下さい!

【日程】
2014年10月19日(Sun) 14:00〜20:00
【会場】
横浜市開港記念会館(ジャックの塔)
【住所】
〒231-0005 神奈川県横浜市中区本町1丁目6番地
【交通】
みなとみらい線「日本大通り駅」1番出口から徒歩1分
JR京浜東北線・根岸線「関内駅」南口から徒歩10分
市営地下鉄線「関内駅」1番出口から徒歩10分

【入場料】
当日・前売り共に 3,500円 ※前売り券はアビエタージュにて販売中

【ゲスト】
[Musical Performance] 黒色すみれ
[Magic Show] FEEL
[Sand Art & Dance Performance] emullenuett & Bishu
[Street Performance] えびさわなおき。 / ひよこ
[DJ Room]  Kenny Creation (Celtic) / Ray Trak (Swing) / Misa (Epic) / Nemo (Classical+Ambient) / VJ Sa-Kyo
[古典宮廷舞踏] 聖和笙

家族でコンサートへ

一昨日の事でございます。
岳父が 細坪基佳さんのコンサートに出演すると聞きまして
中野サンプラザにお伺いさせて頂きました。
このブログでも度々登場している私の岳父は
高杉登 と申しまして、ドラムを担当するミュージシャンでございます。
話を聞けば細坪さんがフォークデュオ ふきのとう を結成していた頃から
バンドに参加していたとの事で、昔のライブ映像集を見てみると
今と変わらず、要塞のようなドラムセットに囲まれながら
気持ちよく叩いている姿がございます。

今回のタイトルは『細坪基佳40周年記念スペシャルコンサート 〜人生の詩〜』
サポートメンバーには、バイオリン&キーボードに ツルノリヒロさん
ベースに河合徹三さん、ギターに久保田邦夫さん、サックス&フルートに藤田明夫さん
そしてドラムスに高杉登。
SAKURAが息子を連れて楽屋付近を歩いていると
「大きくなったね〜」とすれ違う皆さんに驚かれております。
何しろSAKURA自身が赤ん坊だった頃から顔なじみのミュージシャン達の為
親か?子か?どちらが言われているのか判らなくて、なんだか可笑しいですね(笑)

中野サンプラザホール

DVDが発売されると思うので、詳しくは書けないのですが…
1曲目を終えた頃には、すでに細坪さんの軽快なトークショーが始まり
音楽ライブのはずが会場からの笑い声が聞こえ始めます。
ポップスとフォークソングが中心のライブですが
打ち込みのサウンドよりも、あきらかに歌詞やメロディーが心に届いて来るのは
私が少し大人になったからなのでしょうか

そして、中盤からはゲストが続々と登場、ジローズの杉田二郎さんと森下悦伸さん
NSPの中村貴之と平賀和人さん、オフコースの鈴木康博さん
そして三浦和人さん、アルパ奏者のルシア塩満さんに、ピアニストの中村由利子さん
ゲストが現れる度に、可笑しな思い出話しで会場に笑いがおこります。
本当に楽しい時間を過ごす事が出来ました!

細坪基佳 さん

細坪さんの楽屋にご挨拶に行くと、終演直後でお疲れの身体にも関わらず、
気さくに接して頂き感激でございます。
後から聞いたお話ではリハーサルの時間を入れると
10時間近くもステージに立ち続けていたそうです。
奥様にはライブ中、息子も観て頂いた様で恐縮でございます。。。
素敵なコンサートを観せて頂き、ありがとうございました。

一息ついて、時計に目を向けると21時間30分の表示。
開演が16時30分なので、なんと5時間?!
時間の経過に気が付かなかった事に驚いたと同時に、つくづく感服してしまいました。


こちらは舞台ソデで、久々の親子3世代の記念撮影。

親子三世代

息子も春先にデビューしてから、20公演程に出演したでしょうか
近頃は自分なりに表現方法を考える様になっていた為
今回も おじいちゃん の姿を見て、何かを感じ取っている様にも見受けられました。

さて、いつの日か分かりませんが 私も息子やまだ見ぬ孫に笑われない様
引き続き、芸に打ち込む事に致しましょう。
ではでは 今日はこの辺で、ごきげんよう。

国立演芸場 「THE MAGIC」

先日は8年ぶりに国立演芸場の舞台に立たせて頂きました。
今回の公演では、芸を見慣れたお客様ばかり
何か新しい演出で出来ないものかと考えていたのですが
やはり私たちの持ち味は、古き良き時代のマジックショー。
思いついたのが、レトロなトレンチに傘とタップの組み合わせ
そう、62年前に発表されたミュージカル映画をモチーフに演じてみました。

国立演芸場 「THE MAGIC」

本来ならば手馴れたマジックを披露すればショーとしては成立するのですが
やはり表現者として、折ある毎に新たな作品を創作したい思いがあります。
そこで今回は、未熟ながらもタップダンスを取り入れた演目に挑戦してみました。
しかし…そんな試みが出来るのも
共演する皆様に、後の舞台をお任せ出来る甘えがあっての事
奇術協会の先輩方は、本当に頼りになる存在でございます。

今回演じた題材もこれから5年後、10年後に
どんな演目に進化を遂げるか、お客様に育てて頂けたならば
舞台人として嬉しい限りでございます。

国立演芸場 「THE MAGIC」

さて、今回は息子のJoeにとっても初の劇場公演です。
そう易々と舞台に立てるものでは御座いませんが
折角の機会を頂戴致しましたので、お披露目させて頂きました。
独学で覚えたタップダンスのステップを懸命に踊っておりましたが
人生も芸事も、まだまだ始まったばかり。
皆様からのご指導ご鞭撻の程を宜しくお願い申し上げます。

国立演芸場 「THE MAGIC」 

今回の出演者 ※上段左側から
AZUSAさん(ケン正木さんのお弟子さん)、麗華さん(魔女軍団の新人さん)、瞳ナナさん
キタノ大地さん、藤山大樹さん、外谷忠士さん(和田奈月さんの後見人)、ナッツ淳さん
ナナオさん(司会)、前列は 和田奈月さん、ケン正木さん、FEEL(Joe、TAKUYA、SAKURA)
以上のメンバーでお届け致しました。

ご来場頂いたお客様、本当にありがとうございました。

貴賓室の怪人やRIP SLYMUさんの作品

フジテレビで放送された浅見光彦シリーズ「貴賓室の怪人」
豪華客船とロシアを舞台としたミステリアスな物語でございます。
今回の作品でマジック監修を務めていた 渚晴彦 先生からのお声かけを頂きまして
SAKURAがマジックショーのアシスタント役で出演しておりました。
さすが人気作、昨日の放送で50本目という事にもうなずけてしまいます。
推理作品を見慣れていなくとも、十分に楽しめる内容でした。

話を聞けば…エキストラの方々は浅見光彦ファンクラブの方々で
会員になるとロケの見学や収録にも参加出来る特典がついているとの事。
大好きな作品に自らが参加できるなんて、ファンの方にはたまらない企画ですね。
原作の内田康夫先生のサイトから申し込みが出来るそうです。
他局での放送を含めて、これからの新作も楽しみでございます。

貴賓室の怪人

私はというと、マジック監修で参加させて頂いておりました
RIP SLYMEさんの「SLY」が最新映像にも組み込まれるという事になりました。
作品のタイトルは 「DANCE FLOOR MASSIVE IV PLUS」
こちらが、ワーナーミュージックジャパンから発売されました。
ライブ本編との2枚組で「ロングバケーション」「ジャングルフィーバー」「SLY」の
MUSIC VIDEOと練習中のオフショット映像等がリミックス収録されております。

SLY

とてもオシャレな仕上がりになっておりますので是非、ご覧になって頂けたら嬉しいです。
この度も素敵な作品に参加させて頂き、ありがとうございました。

[ DANCE FLOOR MASSIVE IV PLUS ]
Warner Music Japan
Blu-ray 価格:¥5,800(本体)+税 規格番号:WPXL-90069
 D V D  価格:¥4,700(本体)+税 規格番号:WPBL-90274/5


さて、公開イベントとしてはFEELの「としまえんスプリングマジックショー」では
沢山のご来場を頂き本当にありがとうございました。
近郊のマジック愛好家の皆様やリピーターのお客様など
私共もとても楽しいひと時でございました。

実は今回、わが家の息子がマジックショーに登場致しました。
自分も舞台に出ると言い出してから早1年…
本当は6月の公演を目指して稽古をしていたのですが、
どうしても遊園地に出演したいという本人の希望もあり
若干早めのデビューでございます。

としまえん

日頃から私達のリハーサルを見て研究していたのか
アドリブで踊り出しお客様は笑いの渦に…
いやはや、子供の力にはかないませんね。

まだまだこれからも、お客様に喜んで頂ける様 頑張りたいと思います。
また、前回のブログ告知よりも公開イベントが増えましたので情報を追記致しました。
お時間がございましたら是非、皆様遊びにいらして下さい!!

告知や近況のご報告など

としまえん2014

【水と緑の遊園地 としまえん】
スプリングライブ2014
開催日:2014年3月21日(金)
会 場:エルドラドステージ
住 所:〒176-0022 東京都練馬区向山3-25-1
時 間:1回目 12時00分〜、2回目 14時00分〜(各回約30分)
出 演:FEEL
※ステージショーは入園料のみでご覧になれます。
※雨天の場合は中止となります。
※イベント内容は都合により変更・中止になる場合がございます。

【児童向け地域公演】
社会貢献活動 -練馬区-
開催日:2014年3月26日(水)
会 場:東大泉地区区民館
住 所:〒178-0063東京都練馬区東大泉3-53-1
時 間:14時00分〜
出 演:TAKUYA
※施設利用者、近隣地域にお住まいの方が優先となる公演でございます。

【児童向け地域公演】
社会貢献活動 -練馬区-
開催日:2014年3月27日(木)
会 場:北大泉地区区民館
住 所:〒178-0062東京都練馬区大泉町2- 41-26
時 間:15時00分〜
出 演:TAKUYA
※施設利用者、近隣地域にお住まいの方が優先となる公演でございます。

【水と緑の遊園地 としまえん】
スプリングライブ2014
開催日:2014年3月29日(土)
会 場:エルドラドステージ
住 所:〒176-0022 東京都練馬区向山3-25-1
時 間:1回目 12時00分〜、2回目 14時00分〜(各回約30分)
出 演:FEEL
※ステージショーは入園料のみでご覧になれます。
※雨天の場合は中止となります。
※イベント内容は都合により変更・中止になる場合がございます。

【創業90周年記念企画】
ウエディングレジェンドプランご賞味会
開催日:2014年4月13日(日)
会 場:東京會舘
住 所:〒100-0005 東京都千代田区丸の内3-2-1
時 間:17時〜
出演者:TAKUYA
料 金:10,000円
お問い合わせ
TEL 03-3215-2111
※当日はコース料理の為、完全予約制となります。

【開店4周年記念 特別イベント】
Magic of a Dream テーブルマジックショー
開催日:2014年4月25日(金)
会 場:ディーズハピネス イオン富谷店
住 所:〒981-3311 宮城県黒川郡富谷町大清水1-33
出 演:TAKUYA
料 金:2,000円(お子様1,000円)
お問い合せ
TEL 022-346-0651
※当日は特別イベントとして完全予約制となります。

【開店3周年記念 特別イベント】
カルチャーブリッジカフェ テーブルマジックショー
開催日:2014年4月27日(日)
会 場:Culture Bridge Cafe
住 所:984-0013 宮城県仙台市若林区六丁の目南町1-40
時 間:16時〜 19時〜
出 演:TAKUYA
料 金:1,000円(お子様500円)
お問い合せ
TEL 022-781-9512

【恒例ゴールデンウイークマジックショー】
ヒルサイドフェスティバル
開催日:2014年4月29日(火)昭和の日
場 所:ヒルサイドショップス&アウトレット 中庭ステージ
住 所:〒989-3123 宮城県仙台市青葉区錦ケ丘1-3-1
時 間:12時00分〜 14時30分〜
出 演:FEEL
※雨天の場合は特設ステージにて規模を縮小して実施となる場合がございます。

【日本演芸家連合主催「大演芸まつり」】
国立演芸場 THE MAGIC
開催日:2014年5月2日(金)
会 場:国立演芸場
住 所:〒102-8656 東京都千代田区隼町4-1
時 間:開場12時30〜 開演13時00〜
出演者:FEEL、瞳ナナ、キタノ大地、藤山大樹、和田奈月、ケン正木
※出演者パンフレット掲載順。
料 金:3,000円(全席指定)
お問い合わせ
(公社)日本奇術協会 TEL 03-3361-5221

【塩原人情物語 まごころ亭】
ホテルニュー塩原
開催日:2014年5月24日(土)〜25日(日)
住 所:〒329-2921 栃木県那須塩原市塩原705
会 場:特設会場 雅の間
時 間:20時30分〜21時30分
出 演:桂右團冶
会 場:レインボーパレス(西館2階)
時 間:24日 20時00分〜、25日 19時30分〜
出 演:TAKUYA ・ 宇都ノ宮晃(日曜のみ)
お問い合わせ
TEL 0287-32-2611
※ご宿泊、日帰り入浴のお客様は観覧無料でございます。

【2014 NIHONKAI -MAGIC CONVENTION-】
開催日:2014年6月6日(金)〜8日(日)
会 場:ナスパニューオータニ
住 所:〒949-6101新潟県南魚沼郡湯沢町湯沢2117-9
出 演:桔梗ブラザーズ、FEEL、Shurei、マジシャン一周、亜空亜SHIN、他
※出演者パンフレット掲載順。
料 金:48,000円(3days)、30,000円(2days)
ナイトショー3,500円 及び パーティー15,000円 (別途参加費が必要です。)
※マジックコンテスト参加者、グランプリには賞金500,000円、銀賞150,000円、銅賞100,000円
お問い合わせ
(有)ジョージマジックカンパニー TEL 025-283-2424

全て公開イベントでございますので、お時間がございましたら遊びにいらして下さい
皆様のご来場お待ち申し上げております。
※各イベントによりショー内容が異なります。


先週は大震災から3年を迎えました。
私共は復興支援へのつながりから仮設にお住まいの方や
被災地でのお手伝いをされている方を含め、本当に様々な人間とお会いしました。
力強いご老人ともなると被災されているにも関わらず
戦時中はもっと大変だったと、当時の体験談を真剣にお話しして下さる方もありました。
けして比べるべき題材ではないのですが、困難な状況に於いても
昔の日本人の精神力はもの凄いのだと痛感する場面でもございました。

また葛藤の中、人を助ける道を選んだ若い支援団体の方々
経済的に大きな負担を背負ってしまう事を知り得えたうえでの行動
私は心から尊敬の気持ちで接しておりました。
もちろん美談だけではございません。
地域ごとの派閥が大きくなっていたり、支援をよそにギャンブルに散財してしまう等
沢山の問題点も生まれているのですが、関わる全ての人間が
生きる事に真っ向から挑んでいる事を感じる事が出来たのです。

今年の3月11日、私は仙台に滞在しておりました。
と申しましても御縁が多い地域、毎月の様に行き来しているのですが
以前から訪ねておきたい場所がございました。
若林区霞目の道路沿いに佇む小さな社でございます。
長年気にも留めず素通りしていた為、足を止めたのは今回が初めての事
建物の名は「浪分神社」

1703年8月16日に小さな祠として現在地より400m程海側に
創建されたのですが、1835年に現在の土地に移されたそうです。

浪分神社

看板の由来を読んでみると
…古老の談では、大津波あり幾度となく押し寄せ多くの被害を出したが
白馬に跨った海神が現れて、この大津波を南北二分して鎮めたと伝えられている。

過去に何度も襲ってきた津波の被害を後世に伝える為に
伝説として残してくれた大切なメッセージを、気にかける事なく過ごしていたとは
物事には全て意味があるのだと、改めて考えさせられてしまいます。
何しろ、この場所は海からは7〜8キロ程離れている地点
未だに信じられません。

この様な口伝を私達の世代が積極的に調べて、また後世に伝える事が
先人たちが願い続けた事なのでしょう。
ひょっとすると、繰り返しているだけなのでしょうか。
100年後、200年後、どんな世の中になっているかはわかりませんが
過去の歴史を振り返った時に、気が付いてもらえる様
小さな言い伝えでも意味を考え
更に伝え続ける事が、現代人にとって大切な使命の様な気が致します。

難波田城公園 (Nanbata Castle Park)

通称、浦所街道から西側の脇道にそれて5分程車を走らせると
田園風景の中に富士山の姿が見えてきます。
高さのある建物が少ない事も、更に美しさを引き立てている様にも感じられる
今回は、その風景を横目に更に国道113号線を進みます。
目的地は埼玉県富士見市の難波田城跡。

武蔵七党の一つ村山党に属する金子氏が、土地の名から難破田氏を名乗ったと記録にございます。
城郭の書籍等でも特集が組まれる事が少ない為、あまり有名な史跡とは言えないのですが
いざ観覧してみると水路を生かした美しい公園となっており、私はとても気に入ってしまいました。

難波田城

お城に関する建造物は木橋が復元されており、曲輪や水掘も遺構を元に作られたようです。
また、敷地内には市内から移築された古民家や難波田資料館が併設されており
無料で観覧出来る大変親切な作りでございます。

愛好家としては綺麗に整備されているよりも、
昔ながらの面影も残っていた方が嬉しい気持ちになるのですが、
人知れず風化してしまう前に史跡として残ってくれた事は大変喜ばしい事であります。
国土地理院のひと昔前の航空写真を確認してみると、遺構部分は畑になっており
土着の方が居なければ、誰もお城の跡地だとは気が付かないでしょうから。

旧大澤家住宅

敷地内の立派な古民家の中では囲炉裏に火が焚いてあり
寒い日には嬉しいおもてなしでございます。
毎月1回(第二火曜日)は古民家が予約制のレストランにもなるそうです。
また、駄菓子屋さんの様な小さなミュージアムショップも併設されており
その建物の横では、懐かしい玩具で遊ぶ事が出来るのです。
これには、ぐっと懐かしさがこみ上げて参ります。

納屋

ベーゴマやけん玉、めんこ にフラフープ
私の子供の頃は、まだ この様な遊びで1日中楽しめたものでした。
田舎だった事もありますが、どんなに勉強が出来るよりも
遊び方の上手な子が、子供社会の主導権を握っている様な面白い時代でございます。

昔の感を取り戻しながら紐をきつく巻きつけ、バケツの上でベーゴマを回します。
隣では、子供達が竹馬や羽子板で遊んでいる
鼻を垂らした子、大声ではしゃぐ子、かけっこしている子
みんなみんな本当にいい笑顔をしている。

とても平成の時代ではない様な感覚に…
長閑で現代では贅沢とも感じる事が出来る場所でございます。

旧金子家住宅
ちなみに上の写真は、先日訪問した際の 竹ぽっくり。懐かしいなぁ。


さてさて、久しぶりの記事だというのに趣味のお話ばかりになってしまいました。
今年も遊園地やマジックコンベンションなど、一般公開向けのイベントが多々ございます。

日本演芸家連合が主催する、国立演芸場への出演内定のご連絡も頂戴致しました。
通常は落語家や寄席の芸人さんが出演している舞台なのですが
私が修行時代に舞台勉強と顔見せを兼ねて、出演を許可して頂いた思い出の会場でもあります。
機会を与えて下さった(公社)日本奇術協会 役員の皆様には、心から感謝の気持ちでございます。
生の舞台で表現している責任を肝に銘じて、真摯に取り組んで参りたいと思っております。

FEEL

ではでは、本日はこの辺りで
近日中に詳細など告知をご報告申し上げます!

| 1/27PAGES | >>

calendar

S M T W T F S
   1234
567891011
12131415161718
19202122232425
262728293031 
<< October 2014 >>

selected entries

categories

archives

recent comment

links

profile

search this site.

others

mobile

qrcode

powered

無料ブログ作成サービス JUGEM