今月は初めての基隆へ

まだ日も高いうちでは御座いましたが
仁三路の廟口夜市で腹ごしらえをして、向かったのは中正公園
繁華街から北東へ向かって歩くと忠烈祠を祀る施設がございます。
鳥居の様な門を潜り抜け石段を登ってゆくと
なんと、灯篭や狛犬が迎えてくれるのです。
ずいぶん和風の置物も有るものだなと記憶していた為
帰国してから周辺地域の事を調べてみると
日本の統治時代には基隆神社が建立されていた場所だそうです。

現在でも当時の鳥居を利用して建てられているとの事で
形を重ねて見ると妙に納得が出来ます。

中正公園 入口

更に道なりに足を進めると、観音様が多数祀られている広場が現れますが
私の目的は高台から基隆の街並みを眺める事で御座います。
運が良い事に3日に1日は雨が降ると言われる地域にも関わらず
素敵な景色を一望する事が出来ました。

様々な観光パンフレットに使われている
撮影スポットは恐らくこの辺りの位置でしょうか
夜になれば長崎の様に美しい夜景が見えるのでしょうね。

基隆港 

そして公園内にあるもう一つの施設が中元祭祀文物館
元々、前知識も無く散歩をしていた為
何となく街中から見えたこの施設を目印に歩いておりました。

台湾の旧暦7月15日に開催される中元節には
建物がライトアップされて大層な賑わいを見せるそうなのですが
本日は平日の昼間という事もあってか、お客は私一人の様です。
ちなみに、中元節とは日本のお盆にあたる行事で
先祖があの世でもお金に困らない様に
紙幣を燃やして供養をする事が多いそうです。
館内ではお祭の際に使う道具や、映像を見る事が出来ました。

中元祭祀文物館

さて 今回は移動中だった為、時間に限りが御座いましたが
観光スポットを外れた路地裏もずいぶん探索する事が出来ました。
生活環境と導線が密接な為、撮影する事をついつい遠慮してしまうのですが
煌びやかでは無くとも、生活感が漂う場所の方が魅力的で
昔から興味を引いておりました。
洋服と生物が並べて売られていたり、道路上で肉をさばいていたり
土地の人にとっては当たり前の日常が
私にとっては羨ましい位にキラキラして見えるのです。
路地が異次元につながっている様で、子供の頃の様にドキドキしてしまいます。

…そういえば、話が飛んでしまいますが
中野のブロードウェイを初めて訪ねた時もドキドキしました。
何しろ、あそこも異次元と繋がっているという都市伝説がある位ですから(笑)

さてさて、次に立ち寄った際には荷蘭城の砲台跡など
史跡にも足をのばしてみようかと思います。

 信二路224

新たなCM制作です。

既にテレビやネットでご覧になられた方も多いかと思いますが
毎回、奇抜なテーマで思わず笑ってしまう西友のコマーシャル
今月からは新作が放送されておりました。
企画では怪しげなマジックショーを題材に撮影したいとの
ご連絡を頂きまして、私は監修として参加しておりました。
…と申しましても今回は振り付け師の様なお役目でございます。

SEIYU CM撮影

SEIYUのCMシリーズは、遊び心があって昔から大好きでした。
けっして高感度だけを求めている訳では無く
制作陣営は毎回 チャレンジしているなぁ とつくづく感心してしまいます。

マジシャンを務めた役者さんをはじめ出演者の皆様は
とても強烈な個性の持ち主で
面白くインパクトのある作品に仕上がったかと思います。
是非ご覧になって頂けたら嬉しいです。

それでは〜「Super magic Ahhhhhh!!!」


晴れたらいいね

明治神宮の西参道を進むと、芝生の広場が見えてくるのですが
本日は陣幕の様な布で覆われた特別な会場に設営されております。
私は文化の日になると17年間同じ道を通っておりました。

11月3日に雨が降った事は、今までに1度だけだったでしょうか
傘もいらない小雨程度の日もあった様な気もするのですが
やはり晴れている日の印象がとてもつよいのです。
この日も数日前までは、雨の予報だと聞いておりましたが
当日は我々の望み通り、お天道様が出迎えて下さいました。
全国から多数の流派が集まる日本古武道大会の開催です。

明治神宮 日本古武道大会

さて、なぜ晴れの日をそんなにも願っているのかと申しますと
悪天候の際には会場が 明治神宮内の至誠館道場に変更となります。
さすがに剣道場の床は丈夫な板張りで作られている為
上手に受け身をとっていても、本気で投げられた時の衝撃はかなりのもの
全ての技を受けきった頃には、立っている事がやっとの事でございます。
本音を申し上げますと…痛い事は出来るだけご遠慮したい気持ちで御座います。

先生方から話を聞かせて頂くと、昔の門人達はもっと豪快だった様で
頭を打って気を失っただとか、関節が抜けて立てなくなっただとか
恐ろしい出来事を笑いながら話して下さいます。
そんな訳で我々も、気合を込めて技をかける様に指導されておりました。
しかしながら…顔つきだけはキリリと恰好をつけているものの
晴れの日と確認出来た時点で私は「ほっ」と安堵しているので御座います。

明治神宮 日本古武道大会

今回は新しい門人の参加や、遠方の同門と久しぶりにお会いする事が出来ました。
長年共に修行していた仲間と語り合える事は何よりも嬉しいひと時であります。
約一年前に、私の柔術の師 久保田敏弘先生 が他界してしまいましたが
未だに門人同士の交流が有る事は、師の御人徳によるものなのでしょう。

何事も継続する事の重要性や、いかなる事も筋道を違えてはならない事
そして、良い師を探し出し学ぶ事、この3つの事をよく聞かされておりました。
学生の頃は何となく実践してみよう程度の気持ちでおりましたが
いざ社会に出てみれば、信用につながっていたり困った時の道標となっていたり
仕事をしていく上でも、最も大切な教えだったのかと感じております。

明治神宮 日本古武道大会

柔術も柔道も相手が居てこそ、互いに稽古を行い切磋琢磨され
競う人物に対しても感謝の気持ちが生まれて参ります。
この自他共栄の精神を学べた事は、武道のお蔭だと思っているのです。

稽古が出来る事や先輩方にご指導頂ける環境がいかに恵まれているのかを
しかと肝に銘じながら、お神酒を頂いて参りました。
私にとっては、初心を思い出す行事でもあるのです。
2014年 文化の日、私の気持ちは空以上に快晴でした。

昨日の御礼とCMのこと

昨日は 横浜市開港記念会館 にご来場頂いたお客様ありがとうございました。
趣のある建物だとは思っていましたが、何と国の重要文化財だったのですね。
大正6年からの建物なのですが、関東大震災により内部が焼けてしまい
昭和2年に創建時の職人達により復元されたそうです。

会場の床は板張りの上から、やや光沢感のある素材にコーティングされていて
歩くと弾力があるのでしょうか撓る感じが致します。
舞台には重厚感のある幕がかかり、常設の生明かりが数か所に設置されておりました。
一緒に来ていた息子は、何となく時代背景を感じとったのでしょうか
「花子とアンだね」と言って興味深く建物を探検しておりました。
いつの間にか歴史にも興味を持てる様になっている事が
子供の成長を感じて、少しばかり嬉しい気持ちになってしまいました。

横浜市開港記念会館

今回はクラシック曲のみでマジックショーを構成するという
普段の公演では中々挑戦出来ない貴重な経験もさせて頂きました。
劇場と演技者そしてお客様との雰囲気が一体となり
昔の劇場にタイムスリップしかの様な、不思議な気持ちになってしまうのです。
またいつの日か、再演が出来たならば嬉しいですね。


 それから…少し前に撮影を終えていたのですが
日産のCMにマジック効果を取り入れる為、演出として参加しておりました。
私も息子に同じ様な事を見せていたので懐かしい感じが致します。
なんだか、心がホッコリしてしまう作品に仕上げて頂きましたので
ご覧になって頂けたら嬉しいです。


 

The Tower of Saint-Germain 〜サンジェルマン伯爵の時計塔〜

サンジェルマン伯爵…
1700年代に実在した、科学者であり、音楽家であり、画家でもある。
いつ会っても全く見た目が変わらないという不老不死伝説や
時空を自由に移動できるという伝説があることから
「ヨーロッパ史上最大の謎の人物」とされている。

さてさて、この度もまた魅力的な公演に参加させて頂きます。
私共とご縁のある2つのプロジェクト
「Steam Garden」と「abilletage」が合同イベントを行う事になりました。
スチームガーデンに関しては今回で3度目の出演となりますが
回を重ねる度に芸術性の高いアーティスト達との出会いがあり
とても刺激を受けておりました。


Camera Taro Irei / Still Kiyo Murakami / Edit Luke Chaos / Presented by Steam Garden & abilletage

そして、abilletage(アビエタージュ)とは
コルセットデザイナーのbambiさんが代表を務めるブランドで
SAKURAがメインで使わせて頂いている衣装もこちらの作品です。
素敵な衣装ばかりなので是非、皆様にもご覧になって頂きたいです。
この企画の魅力的なところは、表現する側だけでは無く
会場のお客様と一緒に世界観を作っていく所なのかと思います。

会場には衣装やアクセサリー等、約40のブースが並ぶそうで
様々なデザイナー作品を拝見する事が出来ます。
今回はゲストパフォーマンス以外にも
ワークショップの部屋も設けており カドリーユ という
クラシカルなダンスのレクチャーも受けられるとの事です。

The Tower of Saint

フライヤーデザインは、私が個人的に大ファンのKiyo Murakamiさんの作品
そしてモデルはいつもお声をかけて下さるLukeさんとKennyさんとbambiさん
なんてセンスの良い絵なのでしょうか、見ているだけでワクワクして参ります。
会場ではドレスコード等は御座いませんが、是非この機会に
素敵な衣装に着飾って18世紀の社交界をお楽しみ下さい!

【日程】
2014年10月19日(Sun) 14:00〜20:00
【会場】
横浜市開港記念会館(ジャックの塔)
【住所】
〒231-0005 神奈川県横浜市中区本町1丁目6番地
【交通】
みなとみらい線「日本大通り駅」1番出口から徒歩1分
JR京浜東北線・根岸線「関内駅」南口から徒歩10分
市営地下鉄線「関内駅」1番出口から徒歩10分

【入場料】
当日・前売り共に 3,500円 ※前売り券はアビエタージュにて販売中

【ゲスト】
[Musical Performance] 黒色すみれ
[Magic Show] FEEL
[Sand Art & Dance Performance] emullenuett & Bishu
[Street Performance] えびさわなおき。 / ひよこ
[DJ Room]  Kenny Creation (Celtic) / Ray Trak (Swing) / Misa (Epic) / Nemo (Classical+Ambient) / VJ Sa-Kyo
[古典宮廷舞踏] 聖和笙

家族でコンサートへ

一昨日の事でございます。
岳父が 細坪基佳さんのコンサートに出演すると聞きまして
中野サンプラザにお伺いさせて頂きました。
このブログでも度々登場している私の岳父は
高杉登 と申しまして、ドラムを担当するミュージシャンでございます。
話を聞けば細坪さんがフォークデュオ ふきのとう を結成していた頃から
バンドに参加していたとの事で、昔のライブ映像集を見てみると
今と変わらず、要塞のようなドラムセットに囲まれながら
気持ちよく叩いている姿がございます。

今回のタイトルは『細坪基佳40周年記念スペシャルコンサート 〜人生の詩〜』
サポートメンバーには、バイオリン&キーボードに ツルノリヒロさん
ベースに河合徹三さん、ギターに久保田邦夫さん、サックス&フルートに藤田明夫さん
そしてドラムスに高杉登。
SAKURAが息子を連れて楽屋付近を歩いていると
「大きくなったね〜」とすれ違う皆さんに驚かれております。
何しろSAKURA自身が赤ん坊だった頃から顔なじみのミュージシャン達の為
親か?子か?どちらが言われているのか判らなくて、なんだか可笑しいですね(笑)

中野サンプラザホール

DVDが発売されると思うので、詳しくは書けないのですが…
1曲目を終えた頃には、すでに細坪さんの軽快なトークショーが始まり
音楽ライブのはずが会場からの笑い声が聞こえ始めます。
ポップスとフォークソングが中心のライブですが
打ち込みのサウンドよりも、あきらかに歌詞やメロディーが心に届いて来るのは
私が少し大人になったからなのでしょうか

そして、中盤からはゲストが続々と登場、ジローズの杉田二郎さんと森下悦伸さん
NSPの中村貴之と平賀和人さん、オフコースの鈴木康博さん
そして三浦和人さん、アルパ奏者のルシア塩満さんに、ピアニストの中村由利子さん
ゲストが現れる度に、可笑しな思い出話しで会場に笑いがおこります。
本当に楽しい時間を過ごす事が出来ました!

細坪基佳 さん

細坪さんの楽屋にご挨拶に行くと、終演直後でお疲れの身体にも関わらず、
気さくに接して頂き感激でございます。
後から聞いたお話ではリハーサルの時間を入れると
10時間近くもステージに立ち続けていたそうです。
奥様にはライブ中、息子も観て頂いた様で恐縮でございます。。。
素敵なコンサートを観せて頂き、ありがとうございました。

一息ついて、時計に目を向けると21時間30分の表示。
開演が16時30分なので、なんと5時間?!
時間の経過に気が付かなかった事に驚いたと同時に、つくづく感服してしまいました。


こちらは舞台ソデで、久々の親子3世代の記念撮影。

親子三世代

息子も春先にデビューしてから、20公演程に出演したでしょうか
近頃は自分なりに表現方法を考える様になっていた為
今回も おじいちゃん の姿を見て、何かを感じ取っている様にも見受けられました。

さて、いつの日か分かりませんが 私も息子やまだ見ぬ孫に笑われない様
引き続き、芸に打ち込む事に致しましょう。
ではでは 今日はこの辺で、ごきげんよう。

国立演芸場 「THE MAGIC」

先日は8年ぶりに国立演芸場の舞台に立たせて頂きました。
今回の公演では、芸を見慣れたお客様ばかり
何か新しい演出で出来ないものかと考えていたのですが
やはり私たちの持ち味は、古き良き時代のマジックショー。
思いついたのが、レトロなトレンチに傘とタップの組み合わせ
そう、62年前に発表されたミュージカル映画をモチーフに演じてみました。

国立演芸場 「THE MAGIC」

本来ならば手馴れたマジックを披露すればショーとしては成立するのですが
やはり表現者として、折ある毎に新たな作品を創作したい思いがあります。
そこで今回は、未熟ながらもタップダンスを取り入れた演目に挑戦してみました。
しかし…そんな試みが出来るのも
共演する皆様に、後の舞台をお任せ出来る甘えがあっての事
奇術協会の先輩方は、本当に頼りになる存在でございます。

今回演じた題材もこれから5年後、10年後に
どんな演目に進化を遂げるか、お客様に育てて頂けたならば
舞台人として嬉しい限りでございます。

国立演芸場 「THE MAGIC」

さて、今回は息子のJoeにとっても初の劇場公演です。
そう易々と舞台に立てるものでは御座いませんが
折角の機会を頂戴致しましたので、お披露目させて頂きました。
独学で覚えたタップダンスのステップを懸命に踊っておりましたが
人生も芸事も、まだまだ始まったばかり。
皆様からのご指導ご鞭撻の程を宜しくお願い申し上げます。

国立演芸場 「THE MAGIC」 

今回の出演者 ※上段左側から
AZUSAさん(ケン正木さんのお弟子さん)、麗華さん(魔女軍団の新人さん)、瞳ナナさん
キタノ大地さん、藤山大樹さん、外谷忠士さん(和田奈月さんの後見人)、ナッツ淳さん
ナナオさん(司会)、前列は 和田奈月さん、ケン正木さん、FEEL(Joe、TAKUYA、SAKURA)
以上のメンバーでお届け致しました。

ご来場頂いたお客様、本当にありがとうございました。

| 1/27PAGES | >>

calendar

S M T W T F S
 123456
78910111213
14151617181920
21222324252627
28293031   
<< December 2014 >>

selected entries

categories

archives

recent comment

links

profile

search this site.

others

mobile

qrcode

powered

無料ブログ作成サービス JUGEM